Lifestyle

奇跡の79歳!パリ生活51年のマダムが語る若さの秘訣

「センスがいい人と言われたい」「いくつになっても憧れの存在でいたい」というのは多くの女性の願望でしょう。

 そんな憧れを体現したような女性、弓・シャローさんをご存じでしょうか。現在なんと79歳! フランスに渡って51年のパリジェンヌです。

弓シャローさん 4月27日に、自身のおしゃれと暮らしのアイデアをまとめた『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』を上梓します。

ボンシック

画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

「これで79歳なら、いいほうだと思わない?」


 弓さんは日本の名家に生まれ、28歳でパリに渡り、デザイナー、人気イラストレーターとして活躍。65歳を自らの定年としてすべての仕事からリタイアし、現在はアクセサリーや絵画などの創作活動を行いながら、1つ年下のフランス人の夫と2人、クルーズや海外への旅と毎日を楽しんでいます。

弓シャローさんキッチンで「人生はね、小さな毎日の積み重ねなの。だから、その毎日をもっと楽しまなきゃ! 日本とフランス、両方に暮らしてみてわかった本当のおしゃれと暮らしの楽しみ。それを大好きな日本の女性たちに伝えたい」と弓さんは言います。

弓シャローさんテラスにて

自宅のテラスで、フランス人の夫と

 リタイアしたいまも毎朝のお化粧タイムは30分。ファッションはシンプルなパンツスタイルがベースですが、パールのネックレスやスカーフ、ベルトなど甘辛小物を上手に取り入れています。自分で塗ったピンクベージュのマニキュアが美しい手にはブレスレット、リング、時計を重ねづけ。

「これで79歳なら、いいほうだと思わない?」と茶目っ気たっぷりにほほ笑みます。

ジュエリー この弓さん、いったいどんな半生を送ってきたのでしょうか?

 同書でも家族の話が出てきますが、実は、のけぞるような血筋のお嬢様だったのです。

次のページ 
いつまでも若くいる秘訣は?

1
2
パリが教えてくれたボンシックな毎日 ときめくものだけシンプルに。暮らしのセンスアップ86の秘訣

●暮らしが楽しくなるユミさんの86の秘訣! フランスマダムの精神は、似合うに勝るおしゃれなし! /「迷ったときは黒い服」と思う人はおしゃれになれない/ 最強の若見せアイテムはボーダーとダンガリー/炭水化物は朝3分の2、昼半分、夜は普通に…etc.

あなたにおすすめ