Gourmet

てんやのハワイ風「ロコモコ天丼」、マズイと思ったら逆転ホームラン!

 奇想天外メニュー、果たしてお味は…。 ロコモコ丼 4月27日から天丼屋チェーン「てんや」で発売されている、『ロコモコ天丼』。  あのハワイの名物丼を天ぷらに? いくらハワイブームだからと言って、さすがに無理がありやしませんか?? そう感じつつも、味が気になって居ても立ってもいられず…。  そうです、今回は、発売直後の『てんや風ロコモコ天丼』を実食! 食べた感想を素直にレポートしてみました。

予想を超えたウマさに、目から大ウロコ!

 注文して運ばれてきたのがコチラ。 ロコモコ丼2 ハンバーグ天丼が2枚どーんと真ん中に乗っかり、その脇を半熟卵とコールスローサラダ、ミニトマトが囲んでいます。タレはいつもの天丼とは違い、特製ロコモコソース。  さっそくハンバーグからいただきます。 ⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=698716 ロコモコ丼3 一口食べて、「これはアリだわ、超うまいじゃん!」と心の中で大絶叫。天ぷらになったハンバーグはふんわりジューシー、そしてメンチカツなどのフライに感じるような重たさや油っぽさは全くありません。  ハンバーグの魅力を見事に生かしながらも、どこか新しい香り・食感を持ったひき肉料理に仕上がっています。これは実に想定外。品良く軽やかな食べ心地で、どんどん箸が進んでしまいます。  続いて、半熟卵をくずしながら、コールスローをよく混ぜて、ごはんを共に食べてみると…。 ロコモコ丼4 まろやかでありつつも、キャベツのシャキシャキ感やコールスロー味の爽やかさが見事に融和し、中濃ソースと天丼のタレを合わせたような特製ソースが、全体をバランス良くまとめています。まさにハワイアンと和風のいいとこ取りで、完璧に計算されたメニューと言っても過言ではないでしょう。これまでの肉系天丼の中でも群を抜く大傑作です! 【評価ポイント】 ・ハンバーグ天のふんわりジューシー感が美味。 ・特製ロコモコソースが品よく華やか。ソースの分量や濃さも最適。 ・半熟卵が天ぷらになっていなくて正解。 ・全体的に油っこくなく、軽やかな食べ心地。 【やや残念ポイント】 ・キャベツのコールスローは大正解だが、もう少し量を多くすべき。 ・レモンがあってもよい。絞って食べると、より一層魅力的。  斬新さの中に、確かなおいしさを発見。それはそれは、「偏見を持った私がバカでした」と言いたくなるほどの絶品天丼でした! <TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。https://twitter.com/akatsukinohana
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ