Love

1回のデート、男性はせいぜい数時間ぐらいで十分満足する説

【コンテンツ提供 愛カツ】

 好きな人と、ずっと一緒にいたい。

 こういう願望は、恋人のいる人であれば誰しもが持つものでしょう。男性も、基本的にはそう思っています。基本的には…。

 しかし、ここが男性と女性の考え方というか、メンタルの違いなのでしょうか。実際に何日も、四六時中一緒にいると、結構な負担に感じてしまって、1人の時間がどうしても欲しい男性、結構多いんですよね。

デート

デートのテンション、男性はそんなに長持ちさせられない



 もちろんそういう人は女性の中にもいるでしょうが、とりわけ男性はこの傾向が高いものです。かく言う筆者も、恋人の家に一週間ほど転がり込むと、もう自宅が恋しくなってしょうがなくなります。

 いや、ぶっちゃけるとデートの初日、それもせいぜい数時間ほどが経過するだけで「あ~、家帰ってのんびりしてえなぁ」とか思うこともしばしば。これって別に特殊なケースではなく、周囲の男性の友人らに聞いても、案外賛同してもらえるんですよね。

 曰く「デートは楽しいけど、無性に家に帰りたくなる」とか。

 曰く「作りかけのプラモデルが気になって帰りたい」とか。

 デートの中盤頃には満足して、ささっと帰りたくなるという意見を耳にしたことがあります。なんというか、デートにおける最高のテンションのモチベーションを維持しようとすると、普段使わないような神経も酷使して、疲労しやすいということかもしれません。特に、筆者のような普段から無神経な人間は。

デートの終わり際、別れが辛いという感覚がないのが男性



 そういえば、毎回のデートの終わり際になって、バイバイするのが寂しくて、ちょっと泣いてしまうような女性っていますよね。ああいう女性は可愛いんですが、その気持ちというのは、実は男性はあまり理解できないものだったりします。

 単純に「楽しいデートが終わって彼氏が帰るのが悲しい」ということなんだろうなとは思うのですが、当の彼氏にしてみれば「どうせまた会うし」ぐらいのものです。

 ドライというか何というか、毎回のデートの終わりを涙で幕引きされたくないという気持ちが少々あるのが本音です。しかも男性にしてみれば、楽しいデートも終わって、十分満足してることがほとんどですし、前項で触れたように、ちょっと家が恋しい状態でもあります。

 ここが恋愛をする男女の、もしかすると一番相容れないところなのではないでしょうか。もしかすると、私たち男性は、恋愛をする上では、毎度のデートについて、チャートを立てて行動し、全てのタスクを満たして達成と見なしているのかも。対して女性は、毎回のデートを、より情緒的に楽しんでいる、という違いがあるのかもしれませんね。

デート2 いずれにしても、男性はデートの終わり際というのは、楽しむだけ楽しんで、また次のデートの約束なんかしつつ、程よい疲労を感じながら帰路に着きたいと思うだけのこと。

 決して相手に飽きて、さっさと家に帰ろうとしているわけではありません。

 最高に楽しい瞬間ってそうそう長く続かないし、無理に継続させようとすると疲れてしまいます。そうならないように、よきところで一旦お開きにしたい。そう思っている男性がいるというだけのことです。

<TEXT/松本ミゾレ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【愛カツ】
愛カツ』は恋愛がうまくいかない女性を応援するポータルサイト。恋愛・婚活に関するコラムや恋愛のプロフェッショナルが読者の悩みに答える「恋愛相談」が特徴です! 今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
2回目のデートにつながるかどうかは、別れ際の一言で決まる
男性が「もう一度デートしたい!」と思う女子の特徴
どんなにラブラブでも彼氏が「なくしたくない」と思っているもの4選

あなたにおすすめ