Lifestyle
Love

坂口杏里も…ホスト狂いしちゃう女性、3つのワナ

3:一流の男なら、あなたがいてもいなくても成長する

夜の街 またホストクラブにハマる(つまり指名ホストができ、お店に通うようになる)と、いつか必ず「俺のために頑張って欲しい」と頼まれるタイミングがきます。  頑張るとはもちろんお金を使ってほしいということ。  多くは誕生日やイベント日ですが、人気ホストであればあるほど、プライドをかけた戦いになるようです。最近は無茶苦茶な戦いも少なくなりつつあるようですが、あなたがお金を持っていればいるほど、「力を貸してくれ!」と頼りにされます。  そのホストにハマっていると「仕方ない。あなたのために頑張る!」となるわけですが、果たしてそれは本当に彼のためなのでしょうか?  ビジネスの世界に置き換えると、良い経営者ほど1社に依存せず、複数社との関係で売り上げを立てています。つまり突然1社からの売上が途絶えても、別のルートから売り上げを早急に確保し、身を立て直し、成長し続けるものです。  これをホストに置き換えると、あなた一人の力でどうこうなるようなホストは、しょせん二流ホストといえます。  密接な営業スタイルにより情が移ってしまったとしても、本当に彼を信頼するなら自分に負荷をかけてまで助けてはいけない。  ホスト遊びをするなら、この3つの掟を心に置いて楽しんでいただきたいものです。 <TEXT/おおしまりえ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【おおしまりえ】 雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター 水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。ブログ・Twitter:@utena0518
おおしまりえ
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。Twitter:@utena0518
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ