Beauty

小池百合子64歳の“したたかファッション”に、女性たちが大注目

 みなさんに「おしゃれの師匠」はいますか?

 おしゃれの達人から着こなしのテクニックを学べば、ファッション偏差値はぐんとアップ!……というわけで、巷ではファッショニスタのスタイルを研究した(あるいは本人が書いている)「スタイルブック」が大流行。いわば「おしゃれの教科書」というわけですね。

 本が出ているのは、有名スタイリスト、芸能人・モデル(ダレノガレ明美から大塚寧々まで)、外人セレブ(キャサリン妃など)…。

 このラインナップに、異色の新顔が参戦!

小池百合子

『小池百合子式 着こなしの黄金ルール』より

 都議選を前に、いろいろな意味で注目を集めている「小池百合子東京都知事」であります。

小池百合子ファッションが注目される理由



 実は小池都知事のファッションと言えば、女性週刊誌では定期的に特集が組まれているほどの人気ぶり。「冬のあったかコーデ」から「春のブラウススタイル」まで、コーディネートの一つひとつに注目が集まる、掛け値なしのファッショニスタなんです。

小池百合子式 着こなしの黄金ルール

※画像をクリックするとAmazonのページへジャンプします。

 「小池都知事は、日本の女性政治家で初めてファッションを武器にした人。それまでの女性政治家のファッションと言えば、男勝りなパンツスーツスタイルか、ホステスさんのような華やか系か、そのどちらかだったと思います。

 そこに現れた小池都知事は、毎日違う色を着こなし、華やかでありながら、少しも媚びることがない。”強さ”と”女らしさ”の配分が完璧なんです」と話すのは、このたび『小池百合子式 着こなしの黄金ルール』(百合子スタイル研究会・編/扶桑社)の監修を手掛けた、ファッション・クリエイティブ・ディレクターの軍地彩弓さん。

小池百合子「色を怖がらない」

「色を怖がらない」(同書より)

 たしかに、威嚇的な蓮舫ルックや、フェミニン全開の稲田防衛相ルック(or片山さつきルック)と比べて、小池都知事から感じるのは「したたかな女性らしさ」。

 とりわけ男性に混じって仕事をする女性たちにとっては、格好のロールモデルと言えるでしょう。

 とはいっても小池都知事は御年64歳。まだまだ自分には関係ないかも……と思ったそこのアナタ、その認識は甘い!

次のページ 
ひざ丈スカート、ハイヒール…を諦めてませんか?

1
2
小池百合子式 着こなしの黄金ルール

★百合子スタイルには年齢&体型カバーのお手本がいっぱい!
着やせ・着回し・くすみカバーのアイデアが満載の着こなしから
、 今すぐ真似できるテクニックを豊富な写真とともに紹介します。

あなたにおすすめ