Job&Money

スマホを見ながら一人ランチ…職場の寂しい昼事情

 毎日のランチタイム、有意義に過ごせてますか? 働いていると、ランチが唯一の楽しみになることもありますよね。そうなると気になるのが、他の会社の昼食事情ってどうなっているか気になりませんか? ということで、突撃・隣のランチタイム!

理想は「一人でのんびり」



 リサーチ会社・(株)マーシュの調査によれば、「仕事がある日のランチ(昼食)はどのようにしていますか(複数選択可)」という問いに対し、最も多かった答えは「買って食べる(68.6%)」、2位「外食する(57.4%)」と日々外ですませている方が多いことがわかりました。

 また、「ランチを含む理想の休憩時間の使い方として、あなたが最も理想的だと思うものは?」(1つ選択)という問いに対する答えは、
1位 一人の時間にして、のんびりリラックスして過ごす(59.2%)
2位 同僚や友人と会話しながら、楽しく過ごす(33.7%)と、
 一人で過ごしたいと考える人が大多数の中、楽しく過ごすのを理想としている人も少なからずいるようです。

昼休みのあいだ、食事を食べている時間以外には何をしているか」(複数選択可」)という問いには、
1位 携帯・スマホを見る 56.9%
2位 人と話す 52.2%
3位 パソコン(ノート・タブレット)を見る 44.9%
(以下略)
という結果に。人間の顔より、スマホやパソコンと向き合っている人のほうが多いようです。

人と食べる苦痛も……OLのランチ事情



 どうも、「誰かとランチするのが楽しい」という感覚はなくなってきている様子……。そこで、日々のランチ事情について、OLさんに話を聞いてみました。

<毎日みんなでランチ!?>

「うちの部は、毎日全員でご飯を食べにいきます。正直まだおなかすいてないときもあり、強制的に食事をとらされるのが苦痛です」(企画・26歳)

「転職した先では、毎日チームでご飯を食べにいきます。前職では自由に昼食をとっていたのでビックリ。試しに一度行かないでみたら、『なぜあの子はご飯を食べないのか?』と引くほど心配された……」(事務・26歳)

みんなでランチ派は、自分の胃袋状態と相談して昼食をとれないことが不満のよう。食べたくないタイミングで食べるご飯って辛いですよね……。

<ランチも営業!>

「お客さんとランチ接待があります。辛いのは、夜の接待と違って、こっそり残すということがしづらいこと……。食べ過ぎて苦しく午後は胃薬のお世話になることもしばしば」(営業・25歳)

「営業職時代は、昼休憩の時間に転職活動や友人とランチをしていました(笑)今思えば自由に時間を使えていい仕事だったかも……」(広報・27歳)

 営業職のお昼は、自由に食事がとれたり、接待があったりさまざま。時間の融通がきく一方、アポイントのタイミングによっては昼食の時間がとれないこともあるようなので、一概に自由でいいなとは言えないかも。

 会社が変われば、ランチタイムの過ごし方も変わるようです。意外と知らないあの会社やこの会社のランチ事情、身近な人に聞いてみるとおもしろいかも?

【調査概要】「仕事の昼休みに関するアンケート」
調査機関:株式会社マーシュ(同社モニターへのインターネット調査)
調査対象:1都3県に在住する会社員または公務員、 20 代~ 50 代の男女 800人
回答者属性: 男性:50.0%、女性:50.0%
20代:25.0%、30代:25.0%、40代:25.0%、50代:25.0%
調査期間:2014年1月17日~21日

<TEXT/高野萌奈 PHOTO/Catalin Petolea>




あなたにおすすめ