Lifestyle

「一生、母を許さない」“毒親育ち”の女性がされてきたこと

 母親との確執を抱えたまま、苦しんでいる大人たちがいます。バツイチシングルマザーの藤村綾さんも、そのひとり。「父も母も生涯許さない」とまで言う、その親子関係とは――。(以下は藤村さんの寄稿)

「母の日」が大嫌い



 あたしは、「母の日」が昔から大嫌いだ。

cd7722b1e445919ea0c84bfdd3fa0c9d_s「白いカーネーションきれい! 赤じゃなくても喜んでくれるかな」

 小学4年生だったあたしは、なけなしのお小遣いで白いカーネーション2本を買った。母に渡す前、ワクワクしていた。「喜んでもらえる! きっと褒めてくれる」と。

 だけど、その思いは一瞬にして打ち砕かれた。

 白いカーネーションを見た母は鬼の形相になった。

なんだ! 早く死ねってことか!

 あたしからカーネーションを取り上げると、くしゃくしゃに折り曲げて「バカヤロウ!」「バカヤロウ!」と連呼し、あたしの頭を何度も何度も叩いた。

 白いカーネーションは死んだ母親にあげるものだとは知らなかった。

子供

写真はイメージです(以下同じ)

お前なんか産まなきゃよかった!

 日常的な軽い虐待は慣れていた。あたしは決して涙など見せなかった。

「ごめんなさい、ごめんなさい」

 母は気分屋だった。あたしは、常に母親の顔色をうかがいながら生きてきた。

男と駆け落ちをした母。父とあたしは捨てられた



 あたしが高校2年生のときに、母は少しの荷物と4歳下の弟を連れて、男のところへ行ってしまった。

「俺が小5のときさ、男紹介されて飯連れてってもらった」
「しょっちゅうキスマークつけて帰ってきた」
「1週間、家に帰らないなんて、いつものことだった」

 ある程度大人になってから弟から聞いたセリフだ。

「俺の前でベタベタして気持ち悪かった。俺が子どもだからってバカにしていたんだよ!」

 弟も、私も無力な子どもだった。

 あたしと父親は捨てられた。毎日酒を飲む父に、「(母の)居場所を教えろ」と殴られ、首をしめられ、失神したこともある。

「知らないから。本当に。知らない」

 父親の肉体的暴力と精神的暴力はおさまらず、あたしは17歳のときに家出をした。

酒瓶「産まれてきてはいけなかったんだ」

 自分を戒めるように、たくさん援助交際をし、たくさん自分を穢(けが)した。

次のページ 
男に捨てられた母が、お金をむしり取っていく

1
2
あなたにおすすめ