Gourmet
Beauty

美人になる豆乳の選び方。無調整、特濃、味つき…どれがいい?

無調整、特濃、味つき・・・選ぶならどれ?

【無調整vs特濃】 ⇒濃さは同程度!カロリー、たんぱく質、コレステロールも同等。 イソフラボン重視なら「無調整」を、カルシウム重視なら「特濃」を。 無調整、特濃 どちらも良さそうなイメージのある2本ですが、両者の強みを理解するにあたり、「調整」と「無調整」の違いを、豆乳メーカーとして有名なキッコーマンの商品で整理してみると・・・ ●調整:大豆固形分が6%以上で、砂糖や食塩などを加えて飲みやすくしたもの。 ●無調整:豆腐を作る工程でできる大豆と水のみの成分で、大豆固形分が8%以上のもの。  そして、「特濃」とは「調整」のジャンルに属しながらも、大豆固形分を「無調整」と同レベル(=8%以上)に高めたものなんです。つまり、大豆固形成分の割合が同等ということ! その他の栄養成分(200mlあたり)は以下の通り。 カロリー:115kcal(無調整)/109kacal(特濃) たんぱく質:9.1g(無調整)/8.8g(特濃) イソフラボン:56mg(無調整)/28mg(特濃) カルシウム:34mg(無調整)/114mg(特濃) コレステロール:両者ともゼロ 【無調整vs味つき豆乳飲料】 ⇒カロリーは「無調整」の方が若干高めだが、「味つき」は糖質に注意。豆乳に期待する栄養素(たんぱく質・イソフラボン)は約2倍の差、やっぱり「無調整」が良し! 味つき おいしく飲める豆乳飲料として人気の「味つき」。果たしてどれくらい豆乳成分が含まれているかと言うと、実は「無調整」の半分以下! しかも飲みやすさを重視して甘味料がたっぷり入っているため、糖質量が高くなっていることをしっかり認識すべき。写真にあるマルサンの2商品「無調整」、「紅茶」で栄養素を比較した結果は以下の通りです。 大豆固形成分:11%(無調整)/5%(紅茶) カロリー:124kcal(無調整)/98kcal(紅茶) たんぱく質:11.0g(無調整)/6.0g(紅茶) 炭水化物(糖質量を反映):4.0g(無調整)/11.8g(紅茶) イソフラボン:94mg(無調整)/36mg(紅茶) <TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。Twitterは@akatsukinohana
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ