Job&Money

ネット懸賞で当選するテク5つ。3万円のタブレットが当たった!

 ネットの懸賞サイトや、SNSの懸賞が増えている現在。スキマ時間に応募できるのでオススメです。

 筆者も実際に数々の懸賞を活用していて、3万円相当のタブレットが当たったことも。そこで、ネット懸賞に当選しやすいテクニックを伝授したいと思います。

①「マメに応募」が第一。オススメは「モニプラ」



 懸賞で当てる為のコツは、とにかく「マメに応募する」事が大切です。私の場合は、電車通勤時間や暇な時間に懸賞サイトから応募するようにしています。

 特にオススメの懸賞サイトは「モニプラ」です。会員登録しておけば、メールで懸賞情報が届きます。会員登録時に氏名・住所などを登録してあるので、応募時に入力する必要がなくて、簡単に応募することができます。

 また、食品・化粧品・衣類などのモニター募集が常時タップリ入っているので、当選確率も他サイトより高めです。

②プロフィールの名前と写真にもコツがある



 そのモニプラで当選するコツは、プロフィールの名前を見ただけで一体どんな人間が参加しているのかわかりやすくしておくことですね。

 例えば、美容関係のグッズを主に当てたいならハンドルネームを「ユリコ」だけではなく、「ユリコ☆美容大好き」といった名前に変えることで商品が当たりやすくなります。

 また、プロフィールの写真はなるべく本人の写真を入れるようにしてください。本人写真によって、商品提供先の企業からの信頼も得やすくなります(猫などのペットの写真をプロフにしている人も多いですが、本人写真の方が当選確率は高くなると体感しています)。

③SNSシェアを求められたら、どんどんシェアしよう



 応募した懸賞案件の最後に、Twitter・Facebook・インスタグラムなどにサイト記事をシェアしたり、コメント投稿するよう求められていることがあります。その場合はどんどんシェアするほうが当選しやすいようです。

 懸賞を出している企業がSNS拡散による宣伝効果を求めているからです。

Tシャツ モニプラでシャツが当選したときは、応募最後のコメントで「こんな風に着たい!」と具体的に記入するようにしました。

 また懸賞に応募する際、画面の一番下にPR文を記入する箇所がある懸賞があります。これもできるだけ丁寧に書くようにしましょう。特に、モニター商品を提供したい企業は、応募者の熱意で当選者を決めることもあります。

タブレット 筆者は、実際にモニプラで3万円相当のタブレットが当選したことがあります。「思い出の読書キャンペーン」で、丁寧に思い出の漫画についてTwitterシェアコメントを入力したのがよかったのかも!

次のページ 
Twitterリツィート懸賞は超簡単&当たりやすい

1
2




あなたにおすすめ