Entertainment

79歳でパリコレ出演!「20代より今が幸せ」と語るジェーン・フォンダ

 ベテラン女優のジェーン・フォンダ(79)が、ロレアル・パリのファッション及び美容のショーにモデルとして出演する。

 10月1日にパリのシャンゼリゼ通りで開催される、同ブランド初のキャットウォークショー「ル・デフィレ・ロレアル・パリ」でジェーンがランウェイに登場することになったとNYMag.comが報じている。同ショーは今年のパリ・コレクションの一環として開かれるという。

ジェーン・フォンダ

ジェーン・フォンダ

 同ブランドのピエール=エマニュエル・アンジュログルーCEOは、今回のイベントについてこう語る。

「パリで最も有名な通りでショーを行うことは、ファッションと美容の世界をこれまでになく開くことです。『ル・デフィレ・ロレアル・パリ』は全ての人に向けて開かれ、あらゆる美を代表するため世界中から様々なバックグラウンドのモデルや広報をキャスティングすることを誇りに思っています」

 ジェーンのほか、モデルのドウツェン・クロース、マリア・ボルゴ、パク・スジュらが登場する同イベントでは、同ブランドのグローバル・メイクアップ・ディレクターであるヴァル・ガーランド率いるチームによって70種類以上ものメイクが披露されるという。

80歳目前と思えぬ美しさと若さの秘訣は?



 名優ヘンリー・フォンダを父に持ち、自らも大物実力派女優として数々の名作に出演。映画「コールガール」と「帰郷」で2度のアカデミー賞主演女優賞と受賞しているジェーン。とても80歳目前とは思えない若々しさだが、パリコレの一環として行われるショーに参加できる美しさと若さを保つ秘訣はどこにあるのだろうか?

 実は「エアロビクスの女王」との異名を持っているジェーン。実際、ワークアウトのDVDも発売されているほど。驚くべきは、72歳のときに「ジェーン・フォンダの 若返りエクササイズ」(2011年6月発売、日本コロムビア)をリリースしていることだ。


 このようにエクササイズを通じて外見の若さを保っているジェーンだが、内面的な若々しさも大切にしている。ジェーンは、20歳の時よりも80歳に近づく今の方が「幸せ」だと感じていると話す。

「20歳の頃は老け込んでいて、皮肉屋で望みもなく、ただ周りに流されていたわ。30代の頃も同じようなものだった。何がしたいのか自分でも分からなかったの。自分自身のことも分かっていなかった」

「私が20歳や30歳の時に、70代の方が幸せになるって誰かに言われたとしたら『あなた頭おかしいんじゃない』って答えていたでしょうね」

 幼いころに母親が自殺したことをきっかけに父親との確執が深まり、若いころは憂鬱だったと以前のインタビューで語っていたジェーン。その親子のわだかまりも徐々に解消されたといわれている。80歳を目前に控えた大物女優は、心穏やかに充実した毎日を送ることで輝き続けているようだ。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ