♂&♀

どうする?男が萎える原因No.1は「女性の体臭」モンダイだった

 春が近づいて暖かくなってきましたね。暖房のきいた部屋や満員電車だと、ちょっと暖気でムッとする日もあります。……ああ、またニオイが気になる季節がやってきた、と憂鬱な人もいるのでは? 自分の体臭、とくにデリケートゾーンのニオイを気にしている女性はとっても多いのです。

ニオイが気になってHに集中できない



「最近デリケートゾーンのニオイがとても気になってます。おりものシートの香り付きでごまかそうとしても、トイレの時などにニオったり…(泣)。

 彼とのラブタイムも下着を下ろすのが恥ずかしくて、舐められるのもずっと避けてきました。彼は『好きな人のニオイなんて気にしないよ!』と、言ってくれるのですが、それってやっぱりニオうんだ…と思い、ショックでした」
(あ様さん・24歳・接客業)
 
 男性は言葉に出さなくても、実は内心で女性のニオイを気にしているようなのです。別の記事でも紹介しましたが、女子SPA!総研が全国の30代独身男性100人に、「初Hのあと『2回目のHはないな~』と思う、女性の印象・言動は?」というアンケートを取ったところ、13項目(複数回答)のなかで第1位は「体臭がキツかった」49%! うわわわ!

「スッピンになったら老けていた」(22%)や「感じている反応や声もなく盛り上がらなかった」(16%)などより、デリケートゾーンを含む体臭問題のほうがずーっと萎える、という結果だったのです(2014年1月30日、インターネットで調査)。
  
 デリケートゾーンのニオイは、おりものや汗などの分泌物を栄養にして雑菌が繁殖することが大きな原因。そこで、冒頭の「あ様さん」が使ったというのが、「LCジャムウ・デリケートパック」です。デリケートゾーンに1~3分パックして、おりものを洗い流すことで、スッキリとニオイが消えるとか。

=========== 
◆彼が「ヤバい、もう限界」と…

 正直、無香料の「LCジャムウ・デリケートパック」で本当にニオイが気にならなくなるのだろうか…と不安でした。でも使って一日過ごしてみると…いつものあの嫌なニオイが気にならない! おりものを洗い流して、不快感ゼロの一日を過ごせました。
 あと、先日、彼とのラブタイムで、彼のが入ってきた時にいつになくキュウキュウした締まりを実感!彼も「ヤバい、もう限界」と、すぐにイってしまいました。いつもはなかなかイカなかった彼がその日はとっても早かったです。これもジャムウのおかげかな?(あ様さん)
===========

 えっ、”締まり”の違いまで実感できるの?と思いますが、多くの愛用者が同様のコメントを寄せているんです。おりものが減ることで、肌をキュッとさせる締まりケアになるんだとか。

===========
◆「ずっと舐めていたいよ」って何度もしてくれました

 看護師という仕事柄、自分の下着のニオイが気になっていました。仕事のあと、そのまま彼と会うことが多く、ニオイの元が気になって触られる事に抵抗がありました。
 「LCジャムウ・デリケートパック」を買い、使い始めて数日後のお泊りデート。お風呂に入る前だったのに、彼の指が入ってきて「あれ?スゴくキツいよ…?」と嬉しそうな顔! そのままオーラルをしてくれたのですが、長いんです。
 その後、彼とキスしたときにも…ニオわない。彼が「全くニオイも味も気にならないね。ずっと舐めていたいよ」って何度もしてくれました。
(paranceさん・32歳・看護士)
===========

 こういった体験談がLC(エルシーラブコスメティック)のサイトに何十通も載っていてドキドキ。うらやましいなあ…。彼があんまりオーラルをしてくれないなら、原因はニオイかも!?

天然ハーブで、ニオイの元をケア



インドネシアで愛用され続けているジャムウ

 さて、ジャムウとは、独自の植物(ハーブ)を調合したもので、インドネシアで1300年も愛用されてきました。現代のエステでも使われています。

 その知恵を活かした「LCジャムウ・デリケートパック」は、ツボクサエキス(インド伝承のアーユルベータに取り入れられているセリ科のハーブ)や、ラベンダー花エキスや、レモングラスエキスを配合。お風呂・シャワーのときに、毎日3分ほどパックするだけです(1本100g=約2か月分)。

 ニオイを気にしてエッチに集中できないなんて、もったいない! デリケートゾーンのケアで、心おきなく気持ちよくなりましょう!

◆ニオイと”締まり”をケアするLCジャムウ・デリケートパックはコチラ

※コチラもご参考に!
◆男性の8割が注目!見えないアノ部分のケア忘れてない?
◆こんなの初めて!Hの満足度がすごいことになる秘訣
◆「もうガマンできない…」男性の7割が●●にソソられる

<TEXT/女子SPA!編集部 PHOTO/Julenochek>




あなたにおすすめ