Beauty

ハイヒールで脚がムキムキに!?「キレイな脚」になる3つの工夫

 女性は毎日、脚を長くキレイに見せるためにかかとの高いハイヒールを履いています。でも、日々ハイヒールを履き続けていると、脚のラインが崩れてしまうことがあります。

ハイヒールを履き続けていると、脚のラインが崩れる!? 女性の理想とする「キレイな脚」を手に入れるためには、日常的に“少しの工夫”をすることが重要です。

1. 隙さえあればハイヒールを脱いでみる



 当たり前過ぎますが、これはとても大切な事です。ハイヒールを履き続けている方で脚のラインが崩れる場合、基本的には太もも(特に前側)やふくらはぎの筋肉が発達し過ぎてしまい、結果的に脚が太くなります。

ヒールで歩くと、太ももの前側の筋肉が発達しやすい

ヒールで歩くと、太ももの前側の筋肉が発達しやすい

 太ももの前側についている大腿四頭筋と呼ばれる筋肉達は主に歩行などの移動時の減速、ブレーキの役割をしています。スキーや登山をしたことがある人は経験があると思いますが、重力に引っ張られて身体が落下しないようにバランスをとろうとすると、この大腿四頭筋が強く働きます。

 かかとの高い靴は、言わば下り坂で立ち続けているわけですから、常に大腿四頭筋を強く働かせながら、日常生活の動きをしているわけです。そうなると確実に筋肉は鍛えられ、発達していきます。

 脚のラインをキレイに見せたいはずなのに、太ももの筋肉を必要以上に鍛え上げてムキムキにするのは本末転倒ですね。

こっそり靴を脱いで足首をフリーにしてあげる そのため、デスクに座って長時間仕事をする時やお昼休みでランチをしている時などは、こっそり靴を脱いで足首をフリーにしてあげることが重要です。

2. 足首を動かす



 ハイヒールを履くことは、下り坂の坂道に立っているようなもの、と話しました。つまり、つま先が下へ下がった状態になっているので、必要なのは、つま先をあげること

 本来、私たち人間は足首の関節をパタパタと動かしながら、足裏が地面へ接地するのと、次に脚を踏み出すために離地するのを繰り返します。この動きには足首の柔らかさが必要です。

 しかしながら、ハイヒールを履いていると足首は固定され、関節の役割をしっかり果たせません。そうなると足首は硬くなってしまうし、それに伴ってふくらはぎの筋肉も動きが悪くなってしまうのです。

 そこで効果的なのが、「アキレス腱伸ばし」のストレッチ。脚を前後に開き、後ろの脚のかかとを床に押し付けたら、前脚に体重をゆっくりかけるストレッチをしましょう。

アキレス腱伸ばし

アキレス腱伸ばし

 つま先がスネに近づくかたちになり、ふくらはぎの筋肉が伸びるだけでなく、足首が本来曲がる方向へストレッチがかかるため、関節の柔軟な動きが復活します。

 一度につき10秒程度キープし、左右交互に5回ずつできれば十分です。ハイヒールを履いた後は、毎回このストレッチをやることをオススメします。

3. 体幹を使うことを身体に覚えこませる



 太ももが発達し、逞しい脚にしてしまうもうひとつの要因は、ハイヒールのような不安定な履物への「恐怖感」から歩幅が狭くなってしまうことです。本来、歩く時に主に使われる体幹部から太ももに向かって走るインナーマッスルが使われず、太ももの前側の筋肉ばかりを使ってしまいます。

 このインナーマッスルは椅子に座り続けたり、股関節が硬く使い方が不十分だったりすると使用頻度を極端に低下させてしまい、運動をせず放置すると、動かなくなることがあります。

 毎日椅子に座り続け、歩くことが下手になりつつある私たち現代人は、意識的に使うことが必要です。

 このインナーマッスルを効かせるエクササイズとして、「もも上げ」があります。

もも上げ

もも上げ

 脚を肩幅に広げたら、膝がおヘソを超えるように高くゆっくり上げてください。股関節に効いているな、と感じる位置にももを上げます。その運動を続けて股関節が疲れてくる感覚があれば正解です。脚を大きく動かすことがこのインナーマッスルを働かせる重要ポイントです!

 1セット10回で、1日3セットを目安にやってみてください。

 ハイヒールを履いたあなたの脚がさらにキレイになることを祈っています!

<TEXT/ヒラガコージ>

【ヒラガコージ プロフィール】
柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中。

ヒラガコージ
柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中。




あなたにおすすめ