Entertainment

超絶ボディなのに「ヌード拒否」するケラン・ラッツの言い分

 鍛え上げられた肉体美が人気の俳優ケラン・ラッツ(32)は、出演契約の際「ヌードに関する条項」をもうけているそうだ。

 ケランは1つのシーンを描き出すのに服を脱ぐ必要があるとは考えていないことから、ヌードは絶対にしないつもりなのだそうで、監督からそれを依頼されないように契約段階でその条件を記載しておくのだそうだ。

ケラン・ラッツ

「ヌードは絶対しない」宣言をしているケラン・ラッツ

「僕にはヌードに関する条項というのがあるんだ。ただそれが必要だと思えないんだよ。自分の尻を見せながらシャワーから出てくるシーンなんて必要だとは思えないのさ」

「神がこの肉体、この遺伝子情報を与えて下さった。そして鍛える能力も、この仕事に対するやる気も与えて下さった。だから神からそれらを取り上げられるまで、僕はそうし続けるのさ」


 元々はファッションブランド「アバクロンビー&フィッチ」などでモデルをしていたが、俳優に転身。TVドラマ「CSI 科学捜査班」などに出演し、大ヒットバンパイア映画「トワイライト」シリーズへの出演を機にブレイクした。

 大学で化学工学を学んだインテリでもあるが、なんといっても人々魅了するのがその肉体美。次世代のアクションスターとして期待を集めているケランだが、絶対にヌードはしない宣言には理由があるようだ。

婚約者を傷つけないために「ヌード拒否」



 ケランは、恋人のセクシーなラブシーンを見るのは容易なことではないとし、婚約者のブリタニー・ゴンザレスを気遣ってそういった境界線を引いたのだと『エクストラ』に語っている。


「自分とフィアンセのための境界線でもあるんだ。女優と付き合ってきたことはあるけど、他の男とのキスシーンやベッドシーンを目にするのはきついよ。それが最高の俳優として賞を受賞する条件となるなら、僕はそんな賞はいらない」

 2人の婚約のニュースは今年、ブリタニーが左手の薬指に婚約指輪をつけている姿を目撃されたことで明らかになっていた。

 イケメンな上にインテリ。なにより婚約者を大事にする好青年ぶり。とはいえ、やっぱりこの美しい肉体を余すところなく見たい!そんな声が聞こえてきそうなものだが…。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ