Entertainment
News

シルベスター・スタローンのセクハラ疑惑に、元妻が「ありえない」と潔白主張

 大物プロデューサーやベテラン俳優らによるセクハラ疑惑に揺れるハリウッドで、日本でも人気の映画『ロッキー』シリーズでおなじみのシルベスター・スタローンにも性的暴行疑惑が浮上している。しかし、このスタローンに対する疑惑について、意外な人物から擁護の声があがった。元妻である女優ブリジット・ニールセンが、スタローンを擁護するコメントを発表したのだ。

 スタローンは、1986年にラスベガスで当時16歳であった少女に性的暴行をはたらいたという疑いがもたれている。しかし、ブリジットは当時スタローンのそばを離れることはなかったため、暴行をはたらくなど不可能だったはずだとの考えを示している。

シルベスター・スタローン

シルベスター・スタローン

 スタローンは映画『オーバー・ザ・トップ』の撮影中であった当時、ボディーガードであったマイケル・ドゥ・ルカと共に、匿名のその女性に性行為を強要したとされている。しかし、1985年12月に挙式した当時の妻ブリジットは、2人が「べったり」だったためそのような事件は起こらなかったとしている。

 挙式から1年7か月で破局に至っている2人だが、ブリジットはTMZに対しこう語る。

「1986年の夏と言えば私たちが新婚だった頃よ。『オーバー・ザ・トップ』をラスベガスで撮影していた頃、私とシルベスターは四六時中一緒だった。その女性の話では、撮影中の夜8時半ごろに私たちの滞在していたヒルトン・ホテルのスイートにいたと言っているわ」

「そんなことはなかった。私は毎日、彼の撮影をほとんど見に行って、その後ディナーを一緒に食べに行って、部屋に帰るという生活だったの。私たちの部屋には私と彼以外誰もいなかったわ」


 スタローンとはおよそ30年に渡って口をきいていないと言われているブリジットだが、スタローンにかけられている疑惑については起こり得なかったとしてこう続けている。

「そんな事件が起こるのは不可能だったと自信を持って言えるわ」

「実際に起こりもしなかったことで、シルベスターとその家族が苦しまなくてはいけないなんて信じられないことよ」

 疑惑が浮上して以降、スタローンも全面的に潔白を主張している。さらに代理人のミシェル・ベガは先日次のように語った。

「これは馬鹿げた断固として偽りの話です。スタローン氏本人を含め、今日この話が報じられるまでこの件については一切知りませんでした。スタローン氏が警察や他の機関からこの件について連絡を受けたこともありません。そんなことは起こっていないのです」

 一方、英デイリー・メール紙は、暴行について口外しないようスタローンに脅された少女は、恐怖を抱き訴追しなかったと報道。そのうえで、暴行後に少女が警察に届けた時の記録を入手し、ウェブサイト上で公開している。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ