Gourmet
Lifestyle

「おにぎり似顔絵アート」がソックリすぎ!謎の作者ママを直撃してみた

 人気アニメのキャラクターなどをお弁当の具材で形づくる「キャラ弁」。その舞台をお弁当箱から紙にうつした、堀はるかさん(@horiharu1213)の「おにぎりアート」が話題を呼んでいます。

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


 堀はるかさんは、現在34歳で2人の息子さんを持つお母さん。幼い子供のためにしては仕上がりがシュール過ぎるし、イラストも素人にしては上手すぎる……ということで、ご本人に直接聞いてみました。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/Bbf0SAzjnSH/

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


――イラストは堀さんご自身が描いているのでしょうか? もしかして、プロのイラストレーターですか?

堀:イラストも私が描いています。絵を描くことは仕事ではありません、ただの趣味です(笑)。習ったことはないのですが、描くことは子供の頃から好きでした。

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


――著名人のセレクトや仕上がりがかなりシュールで面白いのですが、子供向けというより大人向けな感じがします。息子さんの反応は?

堀:実は、おにぎりアートは、お弁当には入れていないんです。趣味として、わりきって作っています。息子たちは興味ないみたいです(笑)。

――ええ!? こんなにすごいものを作っているのに……やはりこの面白さは子供にはわからいんですね(笑)。ではなぜ、おにぎりアートをやろうと思ったんですか?

堀:幼稚園に通う息子のためにお弁当を作っているのですが、キャラ弁を作ったことが無かったので、本を購入して可愛いキャラおにぎりをひと通り作っていたら、すっかりハマってしまいました。

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


――著名人の顔など、特徴をとらえるのがすごくお上手ですね。コツなどあるのでしょうか?

堀:目・鼻・口のパーツの配置に気を付けてます。それが違うと別人になってしまうので。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/Ba-sfKOj5bT/

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


――それぞれの顔のパーツにはどんな具材を使っているのでしょうか?

堀:白目はチーズ、黒目は海苔、口はハムやカニカマ、魚肉ソーセージです。海苔はハサミでカットし、チーズの目は市販の丸型で整えています。

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


――作るうえで、難しいポイントは?

堀:ハサミでカットする時、難しいのは髪型です。海苔は水分を含むと整形できなくなってしまうので、髪形の作成は時間との勝負です。

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


 お子さんのキャラ弁制作をきっかけに、元々の絵の才能も生かしながらみるみるうちに自己流のおにぎりアートを完成させた堀さん。その技術はもはや、職人の域です。

堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


 堀さんのように、ひょんなことから自分の思わぬ才能や特技を見つけることもあるのかもしれませんね。

 見れば見るほど、著名人のセレクションが不思議で面白い堀さんのおにぎりアート。その独特な世界にハマりそうです……。


堀 はるかさん(@horiharu1213)がシェアした投稿 –


<TEXT/多良はじき>

あなたにおすすめ