Beauty

乾燥・肌荒れが治らない…「化粧水のつけ方」を見直してみて

3. 時間を空けずに潤いを閉じ込めて

「とりあえず化粧水をつけたから」と髪を乾かしたり、家事に取りかかったりしていませんか? 化粧水はまっさらな肌を水分で柔らかくし、そのあとに使うスキンケアの浸透をよくする役割を持ちます。なので、化粧水だけでスキンケアを終了するのはNG。時間を空けてから乳液・クリームをつけても、すでに肌が乾いて十分に潤すことができなくなっている可能性が。  化粧水をつけたらすぐに次のスキンケアに取りかかり、潤いやすい肌作りを心がけましょう。 「肌が潤わない」「肌荒れが長引いている」という方は、化粧水のつけ方を見直してみてくださいね。 <TEXT/高木沙織> 【高木沙織 プロフィール】 美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog:http://ameblo.jp/0293tg/ Instagram:saori_takagi
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ