Gourmet
Lifestyle

最近よく聞く「プラズマ乳酸菌」って何がスゴイの?

 圧倒的にすごい「乳酸菌」、発見。

予防したい風邪

写真はイメージです

 先日、キリン(株)が開催した『プラズマ乳酸菌』のセミナーに出席してまいりました。

 以前から「プラズマ乳酸菌」というネーミングは聞いたことがあり、「他のメーカーが発売しているような“ブランド乳酸菌”と大して変わらないだろう」と高をくくっていたのが正直なところでした。

 しかし、それは無知からくる大誤算! 他の乳酸菌とは根本的に異なる画期的な乳酸菌だったのです。

 そこで今回は、キリンが小岩井乳業・協和発酵バイオと共同研究して特許を獲得した「プラズマ乳酸菌」のお話。その圧倒的な働きやパワーについてわかりやすく整理してみました。

世界初! 免疫細胞の“司令塔”を直接活性化する乳酸菌



 先に結論から言うと、プラズマ乳酸菌は、免疫細胞の司令塔である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)を直接活性化することで免疫力を向上させる、世界初の乳酸菌なのです!

 サッカーに例えて言うなら、一人のプレーヤーを強くするのが一般的な乳酸菌で、プラズマ乳酸菌は全プレーヤーを指導する「監督」をパワーアップさせるというということ。

一般的な乳酸菌とプラズマ乳酸菌の違い●一般的な乳酸菌
ウイルスなどに感染した細胞を攻撃する「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」を活性化するのみ。

●プラズマ乳酸菌
免疫細胞の司令塔であるpDCを直接活性化。これにより免疫細胞全体が活性化される。

 これ以上の詳しい話はナシにしますが、重要なのは2つ。

(1)ヒト試験のレベルで、結果(論文)がでていること。
(2)pDCを活性化するとして実用化されているのは、プラズマ乳酸菌のみであること。

 すごすぎる!! こんなにも驚嘆&納得できた話は久しぶりで、今後は他の乳酸菌を選べなくなってしまいそうです。では一体どんな効果が期待できるのか? についてコンパクトに整理してみました。

プラズマ乳酸菌で、どんな嬉しいことがある?



(1)風邪・インフルエンザ様症状の軽減

 30代~50代の健康な男女213名を対象に、冬季10週間の臨床試験を実施。風邪・インフルエンザ様症状の累積発症者数について、プラズマ乳酸菌を摂取していたグループと摂取していないグループとで比較。有意な差が確認できた。

プラズマ乳酸菌の作用 ヒト試験※出典:Br J Nutr. 3:1-7.2015

(2)インフルエンザ罹患リスクを下げる小中学校における介入研究結果

 岩手県雫石町の小中学生を対象に、2015年1~3月の期間プラズマ乳酸菌含有ヨーグルトを週3日配布引用し、雫石町に隣接する7市町のうちインフルエンザ流行パターンが類似していたA町(329人)と雫石町(1,255人)のインフルエンザ累積罹患率を比較。優位な差が見られた。

小中学校における介入研究結果※出典:Health. 9:756-762.2017

(3)「ワクチン+プラズマ乳酸菌」でインフルエンザ予防効果がさらに高まる

 2014年4~5月、健康な男女100人を対象に、pDCと関連する免疫パラメーターへの効果を検証する実験を行った。その中で、インフルエンザワクチンを接種し、さらにプラズマ乳酸菌を摂取した群において、ウイルス阻害因子(MX1)の発現量に優位な差が見られた。

ワクチン摂取とプラズマ乳酸菌摂取の関連性※出典:J Func Food. 35 513-521.2017

(4)外観の老化を抑制するアンチエイジング効果

 老化促進マウスに通常の餌を与える「標準食群」とプラズマ乳酸菌を加える「プラズマ乳酸菌群」の2群に分けて、5~82週齢までのマウスの老化スコアを比較した。プラズマ乳酸菌群において皮膚が厚く保たれ、老化スコアも低くなるという結果が得られた。

皮膚における効果※出典:第14回日本抗加齢医学会

 ここまで聞く限りだと夢のような乳酸菌ですが、どこかに“弱み”はないがないだろうか? と気になり、キリンに聞いてみました。

 その答は、「チーズ向きの菌なのでヨーグルト製造に適していない」ということ。その点をカバーするために、キリングループの小岩井乳業ががんばっているそうです。

 確かに「ヨーグルト」や「飲むヨーグルト」を試食・試飲したところ、レアチーズケーキのような個性的な味わい。これはこれでアリだと思いますが、毎日の継続摂取を考えるなら、糖質が気にならない「サプリ」が個人的にはお気に入りです。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【スギ アカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。@akatsukinohana

あなたにおすすめ