Fashion

この春、ピンクを大人っぽく身につけるポイントは?

 某有名アパレルショップ店員のkusumaです。

 春は淡いカラーがたくさん増える季節。特に今年は「ピンク」に注目が集まっていますが、「甘すぎる」や「幼く見える」と大人が身につけるには難しいと言う声もよく聞きます。

 そこで、ピンクを大人っぽく身につけるコツを教えちゃいます。

大人が合わせやすいのは「薄ピンク」



コットン畦Vネックプルオーバー

zozoより

 ピンクは大人にはかわいすぎる、色が強くて目立つ、と感じてしまい抵抗がある人は多いと思います。でも、ピンクの中でも薄い色を選ぶだけで奇抜さが和らぎ、優しく落ち着いた印象に。

 色味が薄くなれば薄くなるほど白やベージュを着る感覚でコーディネートできるので、意外と合わせやすいんです。季節の変わり目に冬物と合わせた時も、色の主張が強くないことでコーディネート全体がごちゃごちゃしないのも薄ピンクの良いところです。

ピンクを大人っぽくするにはグレーを合わせる



コットンモダールリブVネックニット

ZOZOより

 ピンクの可愛らしいイメージにグレーを合わせることで落ち着きのある雰囲気になります。ここでシックだからといって黒やネイビーのように色の濃い色を選んでしまうと、返ってピンクの色の主張を強くしてしまうので、グレーのようなぼやけた色がちょうどよいのです。

 ピンクの×グレーはどことなく品もあり女性らしさの増す組み合わせなので、女子会から男性との食事にまで幅広い場面で好印象を与えられる組み合わせです。

次のページ 
小物でピンクを取り入れるのもアリ

1
2




あなたにおすすめ