Gourmet

テキーラ=パリピだけの飲み物じゃない!身も心も温まる美味しいカクテルを発見

 夜遊び大好きな記者W、金曜の夜はきまって銀座コリドー街で丸の内系金融マンや体育会系商社マンたちとテキーラショットを交わしていたのですが、ここ最近、ウェイウェイなノリに体が付いて行かず、泣く泣くご無沙汰しております。

 でもお酒は飲みたい……そんな気持ちがピークに達した夜、「マルガリータの日」制定記念のイベントでテキーラが飲めると知って、仕事を放り出して行ってきましたよ。

マルガリータの日制定記念イベント 「クエルボ・マルガリータ」

最初の一杯は「クエルボ・マルガリータ」にしました

情熱的なカクテル「マルガリータ」



 マルガリータはメキシコの国民飲料(?)テキーラをベースとした大人気のカクテルで、メキシコでは2月22日が「National Margarita day」という祝日なのです。カクテルの名前の祝日があるなんてすごい! 今年から、メキシコ大使館が日本でも同日を「マルガリータの日」と制定しました。会社も休みにして欲しいよ~。

 マルガリータの起源は様々な説が語られていますが、美しいメキシコ人のショーガールのパフォーマンスに魅せられたあるバーテンダーが、彼女のハートを射止めるために作ったカクテルという情熱的な一説も。今でもメキシコでは毎日のように飲まれている、世界で最も有名なカクテルの中のひとつです。

テキーラブランド「クエルボ」使用のリキュール「クエルボ・マルガリータ」

スーツが似合うサラリーマンに声をかけて乾杯~

 さっそく、世界販売数量No.1テキーラブランド「クエルボ」を使ったリキュール「クエルボ・マルガリータ」をいただきます。

 ライムのさっぱりとした風味とオレンジの甘い香りが心地いい~! 炭酸で割ってもらったので、さらに爽やかな味わいになりスーッと飲めちゃいます。お肉などのガッツリ・こってり系の食事にも合いそうです。

日本人好みに開発された「クエルボ・マルガリータ」

日本人好みに開発された「クエルボ・マルガリータ」

 バー以外ではあまり飲まれないマルガリータですが、昨年発売されたこちらの700mlの瓶は一般に流通しているものなので、気軽にお家でも楽しめますね。

刺身やケーキにもテキーラが合うらしい



メキシコ大使館のアーロン・ベラ参事官と記者W

アーロン・ベラ参事官のマイブームは「テキーラの熱燗」

 イベントを主催しているメキシコ大使館のアーロン・ベラ参事官に、テキーラの美味しい飲み方を教えていただきました。

「食事の前にテキーラを飲むと、ご飯が美味しく食べられます。脂身が多い料理や、意外と赤身のお刺身とも相性が良くて、日本酒と同じようにうまみが出てくるんです。メキシコ人は食前からデザートまでずっとテキーラ。スポンジケーキやチーズケーキにもテキーラをかけて食べますよ」

メキシコ料理と「クエルボ・マルガリータ」

トルティーヤチップスやアボカドとトマトのサルサなどメキシコ料理には当然合います

 さすがテキーラの国! 日本には季節のフルーツがあるので、柿やキウイなどを使っておしゃれなマルガリータを作るのもオススメとのこと。

サムさん(左)モトコさん(中)コトミさん(右)

テキーラマエストロのサムさん(左)白ワンピが可愛いモトコさん(中)本イベント司会のコトミさん(右)

 イベントの司会を担当していたコトミさんは、テキーラのイベントを開催するなど生粋のテキーラ好き。クエルボの蒸留所にも訪れたそうです。

 おすすめは、紅茶で割って氷を入れる飲み方。テキーラショットのウェイウェイ感にはついていけない! という落ち着いた女子SPA!世代にぴったりかも。他にも、トニックウォーターやソーダで割っても楽しめます。

西小山でテキーラバーを経営するお二人

西小山でテキーラバーを経営するお二人

 他にも、プレミアムテキーラとして有名な「エラドゥーラ」や「ドン・フリオ」、日本のカップ酒に着想を得てショットサイズを新たに発売した「テキーラ13」など、たくさんの銘柄を飲み比べられて大満足!

プレミアムテキーラ「エラドゥーラ」

新樽熟成が特長のプレミアムテキーラ「エラドゥーラ」

 まだまだ寒い日が続きますが、ラテンな雰囲気とマルガリータでポカポカ温まった夜でした。

テキーラと「クエルボ」について詳しくはコチラ!

<TEXT/和田まおみ PHOTO/飯岡拓也(いーちゃん)提供/アサヒビール>

あなたにおすすめ