Entertainment

日本人も受賞したアカデミー賞。女優のドレスがほつれるハプニング続出

 アメリカ映画界最大の祭典、第90回アカデミー賞の授賞式が4日(日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われた。アカデミー賞といえば、レッドカーペットを彩るスターたちの衣装も見どころ。豪華絢爛、完璧なまでに作り上げられた美しいドレスの競演。だが今年は、式に出席した女優陣の衣装でちょっとしたハプニングがあったようだ。

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で主演女優賞にノミネートされていたマーゴット・ロビー(27)が、授賞式の最中、ほつれたドレスを自分で修繕したというのだ。

マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビー

 マーゴットは、ビーズのストラップが施されたシャネルの白いオートクチュールのドレスを身に纏いレッドカーペットに登場した。

 しかし式の最中、なんとその装飾が施されたストラップが外れてしまうというトラブルが発生したという。そのためマーゴットは、アシスタントから借りた裁縫道具でドレスを自ら縫い合わせたのだという。

 その後ピープル誌に「ちゃんと直してもらう時間なんてなかったもの!」と明かした。


 マーゴットのドレスは、14人がかりで計600時間以上を要して制作されたようで、クリスタルでできたチューブに2つの椿の花をあしらった刺繍がされた例のストラップに550時間、ドレス自体に更に130時間がかかったという。

 そのインタビューの際、同じく主演女優賞にノミネートされていたサリー・ホーキンス(下の写真の右側)も、自身のプリーツドレスからスパンコールが取れてきているとマーゴットに打ち明けていた。


『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多4冠を達成



 衣装にやや難ありだったというサリーだが、主演をつとめた作品は最高の栄誉を勝ち取ったようだ。サリー演じる発話障害の女性が謎の生物に恋する姿を描いた『シェイプ・オブ・ウォーター』が、ノミネートされていた13部門のうち、最高賞となる作品賞をはじめ、ギルレモ・デル・トロの監督賞、作曲賞、美術賞の4部門に輝いた

 作品賞の受賞スピーチでデル・トロ監督は、若手へこんなメッセージを送った。

ギルレモ・デル・トロ

4冠に輝いた『シェイプ・オブ・ウォーター』のギルレモ・デル・トロ監督

「この賞を若手の映画制作者たち、すべての国で映画製作に取り組む若者たちに捧げたいと思います。私はメキシコでの幼少期、映画に夢中な子供でしたが、こんなこと(アカデミー賞受賞)など絶対に実現しないと思っていました。でも実際に起こりました。

 今日の世界の実情をジャンルやファンタジーを通して伝えることを願っているみなさんには、それが可能だと伝えたい。ここにドアがあります。蹴り開けて入って来てください」

 そのほか、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』のゲイリー・オールドマンが主演男優賞を獲得。この作品には、日本人アーティストの辻一弘さんも参加し、メーキャップ&ヘアスタイリング賞に輝いた。

 また、注目作『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンドが主演女優賞サム・ロックウェルが助演男優賞を、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のアリソン・ジャニーが助演女優賞をそれぞれ受賞した。

第90回アカデミー賞受賞リスト 一部抜粋:

作品賞
『シェイプ・オブ・ウォーター』

監督賞
ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

主演男優賞
ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

主演女優賞
フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』

助演男優賞
サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』

助演女優賞
アリソン・ジャニー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

次のページ 
第90回アカデミー賞受賞リスト 続きはコチラ

1
2
あなたにおすすめ