Entertainment

人気歌手、コンサートを中断。ファンの掲げた「プラカード」を見て驚きの行動に…

 アメリカの人気歌手ジャスティン・ティンバーレイクが2日(月)に行われたデトロイト公演で、コンサートを一時中断した。

 ミシガン州にあるリトル・シーザーズ・アリーナでのコンサート中、観客席の前方に「私の妊娠を家族に伝える手助けをしてもらえませんか?」と書かれたプラカードを手にしたファンがいることに気づいたジャスティン。その願いを叶えるため、ステージを一時中止した。

ジャスティン・ティンバーレイク

コンサート中にファンの妊娠を発表したジャスティン・ティンバーレイク

 妻ジェシカ・ビールとの間に2歳の息子を持つ父親であるジャスティンは、「目に留まったことがあるからショーを中断するよ」と言って、観客席にいたダーセル・バクトレッサーさんが持つプラカードに目を向けた。そしてこう読み上げた。

「このサインには…準備はいい? デトロイトのみんな、これはすごくクールなことだよ。そこには私の妊娠を家族に伝える手助けをしてくれますか?って書いてある。“ベイビー・バクトレッサー”が2018年11月1日に誕生予定だって」

 そして飲み物を用意し、バンドメンバーとともにその誕生を祝して祝杯をあげたそうだ。

 芸能メディア「ザ・ブラスト」によると、ダーセルさんは入場時、警備員からそのプラカードを没収されそうになったそうだが、頼み込んでなんとか持ち込ませてもらったことで今回の特別な計らいをしてもらえたようだ。ザ・ブラストが公開したそのときの映像(音声あり)では、ジャスティンやバンドメンバーはじめ、会場が一丸となってそのおめでたい発表をお祝いする様子が見られる。


 芸能メディア「E!Online」によると、バクトレッサーさんは6歳のころからジャスティンの大ファンで、自分の妊娠をジャスティンに発表してもらえたら…という夢があったのだとか。そして、友人たちとジャスティンのコンサートに行くことを決め、思い切って行動してみたのだという。

 だが、ジャスティンが取った行動は、期待をはるかに超えていたとバクトレッサーさんは言う。

「プラカードに気がついてくれたらいいな…くらいにしか思っていませんでした。せいぜい、一緒に写真を撮れればと。まさかコンサートを中断してくれるとは思ってもいませんでした」

 現在は活動停止した人気アイドルグループ「イン・シンク」の元メンバーで、俳優としても歌手としても勢いが止まらないジャスティン。デトロイトでのコンサートは、そんな大スターが長年のファンが抱いていた願いを粋な形で叶えた、夢のステージとなったようだ。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ