News
Lifestyle

「女使ってネタを取れ」という女性先輩記者も…セクハラとマスコミの体質

「セクハラは我慢」が当たり前?相談できる先輩がいない…

 ロールモデルとなるべき先輩女性記者が、女の武器を使って取材する“くノ一文化”に加担しているケースも少なくない。地方での勤務が長かったという女性記者Dさんは次のように嘆く。 「会社では『女性記者向けの研修』を若手を対象に開いていますが、内容は仕事と家庭の両立のことばかり。そもそも両立の話だったらむしろ『男性記者に聞かせろよ』と思うのですが……。セクハラのことはほんの少しだけ、『なんかあったら相談してね』と。 そもそも講師として来ているバリキャリ先輩女性記者が女を武器にネタをとってきたような人だし、『そんなこと我慢して当然だろ』っていうことなのでしょうか」  セクハラに対する認識は同じ女性でも世代間によって捉え方に多かれ少なかれ差がある。男性と同等に仕事をする道筋をつくってきた団塊ジュニア世代より上の世代のキャリア女性たちにとって、セクハラはあって当たり前で、耐えるしかないものだった。だから、どこか根性論で乗り越えようとする向きがある。でも、もうそんな時代ではないのだ。  それでも、くノ一になる女性記者が後を絶えないのは、日本がまだまだ男性中心の社会であることを表している。経済界、政界、官僚、捜査機関、いずれにおいても重要なポストは男性が占めているのが現状だ。  くノ一の意味がなくなるほど、権力の中枢で男女平等が進めばいいのだろうが、「ジェンダー後進国」として名高い日本にその日はいつ訪れるのだろうか。 <TEXT/森聖子>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ