Lifestyle

フリマで買った物には“呪い”が!? 中古品・捨てる物の呪いを解く方法

 ネットオークションやフリーマーケットの普及で、中古品を買う機会が増えてきました。お手ごろな価格で、好みの商品を気軽にゲットできるので、利用している方も多いのではないでしょうか。

 でも、買ってはみたものの、なぜか使いづらいときってありますよね。

前の持ち主の「悪い気」が残っているかも



 魂伝師・開運アドバイザーで多数の著書がある川井春水(しゅんすい)さんによると、中古品を買ったときの使いづらさは、前に所有していた人の「悪い気」が残っているから、といいます。

線香でお浄め こういった目には見えない「悪い気」を、川井さんは「呪い」と呼んでいて、「呪い(悪い気)」を解けば、一転して「良い気」が自分のもとにやってくるのだそうです。

著書『呪いの解き方』には、日常生活のさまざまな場面で「呪い」を解いて、運気をアップさせる方法がたくさん紹介されています。しかもそのお清め方法は、とっても簡単なんです。

中古品の「呪い」は、線香の煙の形でわかる



さっそく中古品を清める方法を紹介しましょう。

1) 線香に火を点ける。

2) 左から右へゆっくりゆっくりと移動し、その後、下から上へ向かって徐々に線香を動かして、煙がまんべんなく品物の表面を通過するようにする。

線香でお浄め3) 煙をくゆらせるとき、注意して観察する。

線香「気」が入っているところでは、煙の流れが、くるりと輪になるので(一瞬の出来事なので、注意してみること)、その輪が消えるまで何度も左から右へ平行に線香を動かす。

4) どこにも輪が出なくなったら、完了。改めて全体を観察して、スッキリしているかどうか、効果を確認する。

 清められているかどうか、すぐにわかるので達成感がありますよね。

 自分の物を売るときも、自分の「気」を抜いてから売りに出すのが、運気アップの秘訣だとか。

次のページ 
古くなった服、鏡…捨てる前に呪いを解く方法

1
2
あなたにおすすめ