Lifestyle

イラッとする“アパレル店員の台詞”ランキング。「おかえりなさ~い♪」は4位

 店で洋服を選んでいるとき、知らない店員さんに「その服私も持ってます~」と言われてゲンナリした経験はありませんか?  アパレル店員の接客については、少し前に石田ゆり子(48)がインスタで「放っておいてください…ゆっくり見たいんです」といった意見を投稿していました(※現在、投稿は削除済)。その時は炎上してしまったものの、一方で「よく言った!」という共感の声も多く見られました。
 アパレル業界独特の接客や言い回しに、違和感を持つ人はどれくらいいるのでしょう? 全国の30~40代女性100人を対象に、「アパレル店員に言われてイラっとするセリフ」をアンケートしてみました。  某有名セレクトショップの店員で、女子SPA!にてファッション記事を連載中のkusumaさんによる解説付きでお届けします! =============== アパレルショップの店員に言われてイラッとセリフするランキング(複数回答) 11位「お店の子もみんな色違いで持ってるんです~」12% 8位 「最後の1着なんです」13% 8位 「(聞いてもないのに)それは素材が◯◯でできてて~~」13% 8位 「これ私もすごい好きで~」13% 7位 「いつもこういうテイストのお洋服なんですか?」14% 4位 「おかえりなさ~い♪」17% 4位 「(試着室から出たのを見て)あ~…」17% 4位 「(支払い後)出口までお持ちしますね~」17% ===============

8位 「最後の1着なんです」13%

――その服を何着仕入れているか知らないし、最後の1着=人気とも限らない気がします。これを言われて、あわてて買う人も中にはいるのでしょうか? kusuma「今の売上が欲しいがために何でもかんでも最後の一枚という言葉を使う店員と、本当に最後の一枚だから早くしないと完売だよと親切に教えている2種類の店員がいるのですが、そこの見きわめは難しいです。確かにまだ数があるなら次回買いたいと思いますし、最後の一枚なら今欲しいですもんね。  プロの販売員は表情の作り方も上手いので、在庫がある商品を最後の一枚と言い続け完売させるなんてこともあります」

8位「(聞いてもないのに)それは素材が◯◯でできてて~~」13%

――こちらがまだ「何かいいモノないかな~♪」くらいのテンションでいるときに、いきなり細かい話をされても反応に困ってしまいます。 kusuma接客=とにかく話をつながなきゃ、と思っている店員にありがちな説明ですよね。本来ならお客様の興味があるものをきちんと見きわめて必要な説明をするべきですが、会話をつなぐ事に必死でお客様との意思疎通ができていないダメなパターンですね。接客に慣れていない新人スタッフがやってしまいがちです」

8位「これ私もすごい好きで~」13%

洋服選び

写真はイメージです(以下同じ)

――このセリフが出るとつい、「そうなんですか~」と言いながらラックに戻したくなります。仲良しでもない店員さんの好みなんて知りません……。 kusuma「売り手が気に入ってしまうほどおすすめな商品という事を表したいのですが、一昔前の販売員は“動くマネキン”と言われ、お客様からファッションの見本にしていただく存在でした。でも最近ではスタッフよりおしゃれなお客様も多く『あの店員さんのおすすめなら!』という思いは年々薄れてきています。そのせいで、イラッとしてしまう一言になるのかもしれないですね。  やはり販売員たる者、お客様から憧れられる存在でいなきゃダメです」

7位「いつもこういうテイストのお洋服なんですか?」14%

――「テイスト」なんていうほど服にこだわりないし! と思うと同時に、「いつも同じような服着てるの?(笑)」とも聞こえてしまったりで、二重に違和感があります。 kusuma「テイストとは好みという意味の他に『味』や『味わい』という意味があります。食に関して使うことは多くても、普段のファッションの場面では少し違和感がある言葉ですよね?  この場合、『普段はどのようなお洋服を着るんですか?』の方が違和感なく聞き取る事ができますね。横文字を入れてかっこ良く言ってると思う前に、文章としてきちんと成立しているかを考えなくてはいけませんね」

4位「おかえりなさ~い♪」17%

おかえりなさ~い――「ちょっと他も見てみます」と店を出て、再び訪れたときにこれを言われると、恥ずかしくて逃げ出したくなるのは私だけでしょうか。 kusuma「イラッとされちゃうんですね! 戻ってきた人を出迎える言葉が、これ以外ないのではと思ってしまいますが……そこまで親しみを持たれたくないということですかね? 『気になる物はありましたか?』と聞いた方が良さそうですね……」

4位 「(試着室から出たのを見て)あ~…」17%

kusuma「確かに『あ~』という店員いますね! 私もイラッとしちゃいます。おそらくどう反応して良いか分からず、突発的に出てきた言葉なのでしょう。しかし、失礼ですよね。 『いかがですか?』と声をかけるのが普通です。喋ることが仕事の販売員は、言葉の重さや重要性をもっと見直さなければなりませんね」

4位 「(支払い後)出口までお持ちしますね~」17%

――これ、気になってました。単純に、どういう意図なのでしょう? kusuma「これは、大切なお客様に対しての敬意を表した行動なのですが、そこまでされると少し恥ずかしくなってしまったり、お節介に感じられる方もいて、結果イラッとさせてしまうのでしょう。相手を最後までおもてなしするという気持ちなので、そのまま受け入れていただけたらと思います」
次のページ 
イラッとするセリフ、3位~1位は?
1
2




あなたにおすすめ