Beauty

韓国の「オルチャンメイク」はもう古い?トレンドはナチュラル系

 ツヤ肌、シースルーバング、平行眉…それ、まだやる? トレンドに置き去りにされないように、流行はしっかりチェックしましょう。

「オルチャンメイク」


ふぉーちゅん・オルチャンメイク 日本の韓流ブームは長く続き、一度落ち着いたかと思った韓国熱はまだまだ冷めておらず、インスタ映えスポットやファッションなんかも最先端を突き進んでいて、止まらない勢い。

 そんな中、日本で大流行した「韓国メイク」または「オルチャンメイク」。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

「オルチャンメイク」の一般的な特徴としては

 ●ツヤツヤ(テカテカ)の肌
 ●重めの髪にシースルーバング
 ●平行眉
 ●図太いアイラインで囲んだ目尻
 ●チークなし
 ●人を喰ったような真っ赤な唇

 それ、それね。よく聞いて。今、古いの。もう古いからやめたほうが良いの。

 そもそも「オルチャン」という言葉自体、韓国では何年も前からとっくに死語として扱われてるから!

変化する「韓国メイク」


 実際に韓国へ行くと、まだ上記のような容姿の人はいます。でも、以前に比べると圧倒的に減っているんです。

 韓国はひとつのものがトレンドになると、皆が揃ってそれを真似するようになります。が、トレンドの移り変わりもめちゃくちゃ早く、日本にそのトレンドが渡ってきたと思うと、もう韓国では次のトレンドへと移行しているんです。

 置いてかないで。

SNSでトレンドを把握


 さて、全女子が気になる「“今”の韓国メイク」ですが、以前の「オルチャンメイク」とは真逆を行っているようで…。

 実は、今では韓国のインスタグラマーも日本のようなメイクを主流としています。インスタグラムを見ていると非常にわかりやすいです。この人きれい、かわいい、おしゃれ! そんな理由でフォローしている韓国のインスタグラマーを見てみてください。

 日本人が認識しているような「韓国メイク」してる人、見事にいないから…。

 時代の流れこわ!

今の韓国の主流メイクはこれ!


ふぉーちゅん・オルチャンメイク ●ベースはセミマット、又はマット
 ●かき上げた前髪が流行
 ●眉の太さは残るもののアーチで少しゆるやかに
 ●アイラインも自然な長さ
 ●チークあり
 ●自然なグラデーションリップ

 全然ちゃうや~ん! ですよね。現在日本人が認識している「韓国メイク」と、“今”の「韓国メイク」では衝撃的な誤差があるという真実。全体的にナチュラルになってます。

 一番変化があったのは、おそらく「チーク」。数年前から徐々にチークをする人たちが増え始め、これが時代の変化か! って感動した覚えがあります。

 それだけ以前はノーチークが基本だったのです。最近はセザンヌやキャンメイクのチークとかが韓国の方々にめっちゃ人気らしいし。

昔のオルチャンメイクとはさらば!


 今、以前の「韓国メイク」や「オルチャンメイク」をしている方! 好きでやっているのなら良いのです。個人の自由。

 でも、やっぱりトレンドの中にいたいですよね。いつだって流行は楽しみたい、女の子だもん。ウィーアーザワン。ウィーアーザワールド。

 昔ではなく“今”の韓国のメイクをよく観察して、もっとトレンディな韓国ガールを目指してみてください。

<コンテンツ提供/ふぉーちゅん>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ふぉーちゅん】コスメ・メイク・ビューティーなど20代~30代のオトナ女子に最新のトレンドをお届け。デパコスからプチプラまで人気ブランドの新作化粧品や限定情報も盛りだくさん。口コミや商品情報をランキングでチェックしたり、プレゼントキャンペーンに参加できる企画も。無料女子向けニュースアプリふぉーちゅん
FORTUNE




あなたにおすすめ