Gourmet

成城石井から期間限定エスニック惣菜が登場。オススメ3つを試食ルポ

 こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 気象庁の発表によると、今年の夏は全世界的に気温が高くなるそう。心配なのは、食欲の減退による体調不良です。また、食欲はあってもキッチンで火を使って料理をするのもしんどいですよね。

 だからと言って、冷たいものばかり食べていては体を冷やしてしまう……そんな季節に上手に取り入れたいのがお惣菜。なかでも、体を中からあたためてくれるエスニックフードがオススメです。

 そんなエスニックフードの新作お惣菜が成城石井から期間限定(~6月29日)で販売されるというので、先行試食会に行ってきました。

先行試食会の様子

Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 麻布十番店で開催された先行試食会の様子

成城石井初、オリジナルのエスニック調味料


 まず注目は、お惣菜やスイーツを製造する自社のセントラルキッチンの料理長が監修した調味料を使用した新商品。なんでも、料理長が買い付けに行くのはこれが初めてのことで、自信の品となっているのだそう。

新作のエスニック調味料

左から、シチャラソース、ナンプラー、スイートチリソース、グリーンカレーペースト、レッドカレーペースト、チリインオイル/成城石井の公式サイトより http://seijoishiiblog.com/?eid=24432

 筆者的に特にオススメなのが、唐辛子や砂糖、にんにく、食塩、食酢などを使用した万能チリソース「シラチャソース」。揚げ、焼き、炒めなどさまざまな調理法に合うんだとか。

シチャラソース

シチャラソース 299円(税別)/成城石井の公式サイトより http://seijoishiiblog.com/?eid=24432

 試食させてもらったのは、シラチャソースとマヨネーズを混ぜたディップ。マイルドな辛みと酸味が合わさり、肉やシーフード、野菜との相性が抜群です!

シチャラソースを使ったディップ

写真右上がシチャラソースとマヨネーズのディップ

 では、これらの調味料を使用したお惣菜にはどのようなものがあるのでしょうか。筆者が選んだオススメの3種を紹介します。

1. 海老と豚挽き肉のトムヤムビーフン 699円(税別)


海老と豚挽き肉のトムヤムビーフン

海老と豚挽き肉のトムヤムビーフンは、ナンプラーとレッドカレーペーストを使用

 ココナッツミルクよりも濃厚なココナッツクリームにライムの爽やかさが加わったビーフン。なのですが、そこにタイ伝統のチリインオイルやシーユーダム(大豆からつくられたタイの醤油)を使用して炒めた豚挽き肉が加わることで、エスニック感がグンと高まった一品になっています。甘味と適度な辛みをバランスよく感じられるでしょう。サラッと食べられるビーフンは、食欲が落ちている日にも食べやすくオススメですよ。

2. 鶏肉とさつま芋のベトナム風カレー 599円(税別)


鶏肉とさつま芋のベトナム風カレー

鶏肉とさつま芋のベトナム風カレーは、ナンプラーとレッドカレーペーストを使用

 続いては、女性人気の高いさつま芋とパイナップルがインパクト大なカレー。こちらのカレーは、ココナッツミルクが効いた甘めの仕上がりで、それがさつまいも・紅はるかの甘さとよく合っています。煮込むのではなく“焼く”という調理がされた鶏肉は香ばしさを感じさせてくれますよ。胃腸の消化吸収を助けてくれるパイナップルのトッピングもうれしいですね。

次のページ 
オススメのエスニック惣菜、3つめは?

1
2




あなたにおすすめ