Lifestyle

ギクッ!整理がヘタな人は「人生をムダに」&「夫に嫌われる」

 気付けばとこかに消えている、リップクリームや鍵、ケータイ、リモコン……。出かける間際になくなって、探してる間に出発時間を過ぎてしまった……なんて経験のある方も多いのではないでしょうか。

1カ月のうち72分は「物を探している」



Zippo社がグローバルで実施したオンライン調査の結果、日本人は一生のうち7万5322分、つまり52日間をなくしたものを探すために時間を費やしていることがわかりました。

 一生のうちの52日間と聞くと、たいしたことないような気もしますが、1カ月あたりで換算すると平均76分になるそう。う~ん、1カ月があと1時間以上伸びる余地があると考えれば、なんだかもったいないかも!?

 とはいえ、物を探すのに日本人が費やす時間は他の国と比較すると短く、10カ国中7位。探し物に時間をかける国は、多い順に中国(月154分)、香港(月129分)、インド(月118分)だそう。アジア人は探し物が好きなのでしょうか?

 なお、日本人が紛失しているものは、多い順に「ペン」「現金」「財布・小銭入れ」だそう。確かに、一度はなくした経験あるかも。

 先述の調査によれば、日本人が「なくしてショックが大きいもの」TOP3は以下の結果となっています。

1位「交際相手に振られた場合」(17.1%)=「恋人」をなくした
2位「毛髪がなくなること」(14.4%)=「毛」をなくした
3位「失態を犯して同僚からの尊敬を失う」(13.9%)=「尊敬」をなくした

……なんだか、想定していた「なくしもの」とは規模が随分違う気がしますが、確かにこの3つはなくなると随分悲しいですよね。これらは紛失してから見つけ出すまで、一生のうち52日間探す程度じゃすまなくなりそうなので、潔く諦めることも必要かもしれません。

妻にイライラすることの1位は「整理整頓をしない」



 さて、この結果に追い打ちをかけるようですが、gooランキングの「妻にイライラすること」によればイライラ上位3つは、

1位「整理整頓をしない」
2位「掃除をしようとしない」
3位「自分ばかりが忙しいそぶりをする」


 でした。整理整頓ができないと、モノを紛失するだけでなく、パートナーをもイライラさせてしまうようですよ。ひどい場合には振られてしまい、相手を失い大ショック!なんてことも、なきにしもあらず!?

 時間を有効に使うためにも、パートナーにイライラされないためにも、整理整頓には日々気をつけていきたいものですね。

<なくしものに関するZippoグローバル調査概要>
・調査機関:Zippo Manufacturing Company
・調査対象:日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、インド、中国(本土)、中国(香港)、韓国の様々な年代。日本では1002人(男性473、女性529)。
・調査期間:2014年1月

<妻にイライラすることランキング>
・調査方法:「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケート
・調査期間:2014/1/27~2014/1/30
・有効回答者数:1141名(男性473人、女性529人)

<TEXT/高野萌奈 PHOTO/Lio2012>

高野萌奈
ハヤりものと噂話に首をつっこまずにはいられないミーハーライター。OLの心を持つコスメフリーク兼万年ダイエッター




あなたにおすすめ