Entertainment

『猫は抱くもの』沢尻エリカ×吉沢亮×コムアイ対談。「人生に正解なんてない」(沢尻)

『グーグーだって猫である』などの犬童一心監督が、人生迷走中のヒロインと、自分を彼女の恋人だと信じている猫との関係を通じてハートフルなドラマを描いた『猫は抱くもの』が公開になりました。



 ヒロイン・沙織役で主演を務めた沢尻エリカさんと、猫の良男役の吉沢亮さん、同じく猫のキイロに扮したコムアイさん(水曜日のカンパネラ)にインタビュー。悩めるヒロインの物語に出演した3人が、壁に直面したときにはどうしているか、聞きました。

左から、吉沢亮さん、沢尻エリカさん、コムアイさん

左から、吉沢亮さん、沢尻エリカさん、コムアイさん

妄想と現実が入り混じった作品


――現実と空想の世界が混ざったような創造性あふれる魅力的な作品です。脚本を読まれたときはいかがでしたか?

沢尻:妄想と現実が入り混じって描かれているところはすごく面白いと思いました。反面、どうやって撮るんだろうという不安もありましたが、とにかく面白いものができるんじゃないかと楽しみでした。

『猫は抱くもの』より

『猫は抱くもの』より

コムアイ:私は最初、脚本を読んだときに勘違いしてたんです。猫の映像にアフレコで声を入れるのかと思っていて。だからどうやって声でやろうかなと。本物の猫も登場するんですが、私自身も猫役で出演するんだって分かってなくて。監督と会ったときに説明してもらって、やっとわかりました。

『猫は抱くもの』より

『猫は抱くもの』より

吉沢:現場に入ってみないと分からないことだらけだなと思いながら読んでいました。ホント、現実と妄想の世界が入り混じっているので。でもファンタジーちっくななかに、すごくリアルな人間のダサい部分とかも描かれていて、単純におもしろいなと思いました。

ロシアンブルーの良男は実生活でも沢尻さんの元に


『猫は抱くもの』より

『猫は抱くもの』より

――自分の演じた役柄の好きな部分を教えてください。

沢尻:沙織は、ちょっと偏屈で自分の殻に閉じこもっちゃっている女性なんですけど、唯一、良男という存在には、自分の素の部分を見せて甘えられる。そういう部分は乙女だなと思うし、可愛らしいと感じました。不器用だけれど、すごくリアリティがあって、好きですね。

『猫は抱くもの』より

『猫は抱くもの』より

コムアイ:私は、未来のことをあまり決めずに向かって行くというキイロの思考回路が自分に似ていて、結構共通点があったんです。ただ良男とキイロがハクビシンの話をしているところがあって、そこは本当に猫っぽいというか、スケール感が急にジオラマの中に入っていくような感じがして可愛かったです。

『猫は抱くもの』より

『猫は抱くもの』より

吉沢:僕は、それこそ未来とか過去に縛られずに今を生きるという、動物的な部分をすごく意識して演じてたんですけど、僕自身はめちゃくちゃ過去に縛られるタイプなんです。でも良男は沙織と会話をしていても、エサを出されたらエサしか見れなくなる。そういう目の前のことだけに集中するという部分に、すごく憧れます。

――沢尻さんは、良男くん役だった猫ちゃんを引き取られたそうですね。

沢尻:はい。もともと犬を2匹飼っているんですが、すごく楽しいです。まだ若くて元気があり余っているので、ランプのシェードを壊したり、キッチンの上に乗ってサランラップのしてある鮭の入ったお皿を思いっきり落としたりしてます。

吉沢:僕は猫を飼ったことはないんですけど、監督がすごく猫に詳しくて、いろいろと教えていただいて、猫っておもしろいんだなと思いました。

沢尻:可愛いですね。犬とはまた感覚が違うけれど、我が家に来てくれて楽しいです。

次のページ 
人生、下がるときもあれば上がるときもある(沢尻)

1
2
『猫は抱くもの』は6月23日より全国公開中
配給:キノフィルムズ
(C) 2018『猫は抱くもの』
あなたにおすすめ