Entertainment

ホラー映画で結ばれた夫婦が離婚「殺し合わないように別れる」宣言の真意は?

 新時代のホラー映画監督として注目されているイーライ・ロス(46)が16日(月)、妻ロレンツァ・イッツォ(28)との離婚を申請した。

 ロスは、2014年に結婚した女優でモデルのロレンツァと離婚する決断に至ったことをインスタグラムで発表。しかし、2人は今後も「最高の友人」関係を維持するとしている。

ロレンツァ・イッツォ,イーライ・ロス

ロレンツァ・イッツォ(左)との離婚を申請したイーライ・ロス(右)

 ロスはインスタグラムに次のような声明を投稿した。

「やあ、みんな。深い愛と尊敬と共に、僕らは夫婦として別れることを選択することにしました。素晴らしい旅を共にしてきましたし、お互いのことを愛していますので、今後も最高の友人関係を維持するつもりです

「6年もの素晴らしい時間を一緒に過ごせて感謝していますが、充実して楽しい人生を送るために、別の道を行くことに決めました」

「僕らは今後も創作に関して一緒に働くことを望んでいます。結局のところ、殺し合うことにならないように別れたわけです

 そして、「愛を込めて、ロレンツァとイーライ」と冗談交じりに締めくくった。

Eli Rothさん(@realeliroth)がシェアした投稿


 2013年公開、「トラウマ級」とも評される食人ホラー映画『グリーン・インフェルノ』で、ロレンツァが主演したことをきっかけに交際をはじめ、2014年にチリで式を挙げていた2人。子供はいなかったが、ロレンツァはその後もロスが監督する映画に出演していた。

シングルに戻って女性たちからのお誘いにほくほく


 離婚申請を発表した後、イーライには女性たちからお誘いのメッセージが届いているそうだ。

 ロレンツァのことはこれからも愛し続けるとするロスだが、独身に戻ることになった今、ファンからの熱烈なアプローチを満喫しているという。

イーライ・ロス

ファンからの熱烈アプローチを満喫中のイーライ

 ロスはTMZにこう語っている。

「白状するけどさ、面白いダイレクトメッセージを受け取ったんだ。有名人じゃないよ。認証マークがついていたけど、有名人という分野に入るかどうかは分からないね。でも、『これは面白い!』って思ったね。6年間も相手のいる生活を送っていたから、昨晩に発表して以来、シングルになるという僕の決断をすごく支持してくれる人たちがいるとでも言っておこうか」

 ロスは今週初めに離婚申請をしたが、破局の原因となる大きな出来事があったわけではないため、資産分与などに関しても特に泥沼になることはないとみているようだ。

「離婚調停については多くを語りたくないんだ。もちろん個人的なことだしね。でも、僕らは本当にお互いのことを愛しているし、お互いの味方で、幸せだよ。それに彼女は素晴らしいしね。僕らはまだ友達で何か悪いことが起きる前に、この状態を一生維持できるようにしようと離婚を決めたんだ。現実的に考えて、大人らしく、愛情のあるうちに別れようとね。だから僕らの関係はすごく友好的で問題ないんだ。彼女は最高だし、喧嘩なんてする理由がないさ。」

「関係はすごく友好的で問題ない」と言いつつ、「結局のところ、殺し合うことにならないように別れた」とも言っていて、なんとも不思議な離婚理由だが…。まるでホラー映画のような不可解な結末である。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ