Entertainment

これで54歳なんて信じられる?奇跡のモデルボディを保つ美習慣とは

 51歳のときにビキニ姿を披露し、世間をあっといわせた元祖スーパーモデルのエル・マクファーソン。54歳となったいまも、その抜群のスタイルは健在だ。“The Body”(ザ・ボディー)とも称される完璧なプロモーションを誇るエルだが、50代とは思えない美肌もキープしていることで知られる。

 現在は健康に関しての専門家として活躍し、いまだに若々しい素肌を維持しているが、過去に自分の体を十分にケアしなかったことに後悔もあるという。そんなエルがこのたび、その衰えない美肌を保つ術を明かした。

エル・マクファーソン

現在54歳! 元祖スーパーモデルのエル・マクファーソン

 豪版ヴォーグ誌でのインタビューでエルは「日焼け止めをもっと使っておけばよかったなって。あと若い頃からちゃんと肌に気を使うべきだった。今になってそのつけが回ってくるのよ」と話す。

 その後悔と共に、現在エルは新しい美肌法としてインヴィジブル・ジンクの日焼け止めと毎日1時間の遠赤外線サウナを実践していると言い、「私の肌や体をデトックスしてくれて、効果たるや凄まじいわ」と続けた。


 最近はナチュラル商品を扱うウェルネス企業、WelleCoを立ち上げたことでも知られるエルは、今回自身の食生活についても語っている。

体重が減ってきたの。多分、糖分をあまり欲しなくなったからだと思う。消化機能も向上したし、感情のバランスもよくなった気がする。いつも太陽が原因と思っていたニキビは砂糖が原因だったみたいなの。それがなくなり始めて、肌も引き締まり、艶やかでハリが出てきたわ」

「質のいい自然食品をとっているわ。朝はチアシードプリンね。アーモンドミルクにグリーンステビア、生姜、カルダモン、ナツメグ、シナモンを加えて作るの

 エルはインスタグラムで、自社製品のサプリを使ったレシピも紹介している。


 50歳になったときに、体重の増加や肌の乾燥が気になってくるようになったと語るエルだが、雑穀・野菜・ナッツ類を多く摂取し、たまに卵やチーズを食べるように心がけたところ、コンディションが良くなったという。

 体内を最適なpHバランスに保つため、こういった食品を多くとる「アルカライン・ダイエット」(アルカリ性ダイエット)といわれるこのダイエット法は、エル同様、実践しているセレブも多い。賛否あるダイエット法のようだが、エルは栄養指導を行っている医師からのアドバイスで始めたとのこと。

 さらに毎朝、瞑想やレイキを実践しているというエルだが、エクササイズについては「泳いだり、パドルサーフィン、ジェットスキー、他にも犬の散歩とかね。海中散歩も最高よ」と語る。


2児の母、2度の結婚・離婚を経験。最近も恋のうわさが…


 一度目は写真家と、二度目は実業家と結婚するも離婚。さらに2人の子供のママでもあるエルだが、子供の父親は元パートナーの億万長者アーパッド・ブッソンだという。

 最近では医師のアンドリュー・ウェイクフィールド氏との熱愛が報じられているエル。独身だし恋をすることに問題はないが、お相手であるウェイクフィールド氏は、過去に発表した論文が大問題となり、医師免許を剥奪された“いわくつきの人物”だそう。

 54歳でありながら、独自の方法と努力で驚異的な美しさをキープしているエル。この恋によって、良からぬ方向に進まないことを願うばかりだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ