Entertainment

窪田正孝のクズ男ぶりがすごい『ヒモメン』。ヒモを飼う女心にも闇が…?

 主人公がヒモ! という攻めた設定のドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系、土曜夜11時15分~)が話題を呼んでいます。この「土曜ナイトドラマ」枠、前クールでは『おっさんずラブ』で男性同士の純愛を描き人気を博していましたね。


 ヒモ男・翔ちゃんを演じるのは、カメレオン俳優、窪田正孝(30)ということで、彼の演技にも注目が集まっています。ヒモを養い更生させようとする看護師の彼女・ゆり子役を川口春奈(23)が演じ、その脇をYOUや佐藤仁美、勝地涼などのクセのある俳優陣ががっしり固めるなど、豪華なキャストも見所のひとつと言えるでしょう。

 そんな『ヒモメン』第3話が11日に放送されましたが、やはり窪田正孝演じる・翔ちゃんの、つきぬけたクズっぷりと、そのクズさを覆い隠してしまうほどの窪田のイケメンぶりが、ネット上で賛否をよんでいたようです。

 初回から「働いたら負け」とばかりに、一切労働の意欲をみせない翔ちゃんでしたが、今回の第3話でも、その清々しいほどのクズ行動は、観る人によってはドン引きしてしまうレベル。


 朝から小遣いをせびるのは序の口で、家事は一切やらない。ヒモのくせして、恋人、ゆり子の誕生日もまったく覚えていない。ゆり子が大事に取っておいたお食事券で、焼き鳥盛り合わせを勝手に食べる。挙句に、ゆり子の仕事を妨害して彼女をクビにしかけるなどなど、惚れ惚れするほどのクズさを見せてくれます。

本当にヤバイのは、実はヒモではなく、女の方?


 正直、なぜゆり子がここまでされながらも、翔ちゃんを好きでいるのか? というのは、ドラマを見ていても、今のところよくわかりません。確かに、窪田正孝が演じる翔ちゃんには、女性の心をくすぐる圧倒的な見た目の良さ、かわいらしさがあります。猫のぬいぐるみを抱えながら語尾に「ニャ~」をつけて話す翔ちゃんに、「癒された」という視聴者の感想もSNS上で多く見かけました。

 ただ、いくらカワイイは正義とは言っても、これだけのクズっぷりを見せつけられてなお、その外見の可愛さだけを理由に、恋人として一緒にい続けるというのは、なにかしらゆり子の方も、心の闇を抱えているのではないかと考えざるをえません。


 ゆり子の「看護師」という仕事自体が、高負荷・高ストレスであることは想像できます。さらに、YOU演じるゆり子の上司も、問題が起きれば、責任を全て部下に丸投げするというパワハラ体質の持ち主。

 実はゆり子は、劇中では描写されていませんが日々相当なストレスにさらされているのかもしれません。それを一瞬でも癒やしてくれるのが、翔ちゃんのような、とにかくかわいい男、ということであれば、是非はともかく理解はできます。


 番組のキャッチコピーは「働かないという、働き方改革」ですが、旧態依然とした高負荷高ストレス下の労働環境で、ゆり子が働き続けることによって、翔ちゃんの絶対に働きたくない生活が成立しているとしたら、なかなか皮肉です。

次のページ 
ヒモメンと「汚職事件」

1
2




あなたにおすすめ