Entertainment

窪田正孝のクズ男ぶりがすごい『ヒモメン』。ヒモを飼う女心にも闇が…?

すべてを癒す窪田正孝の可愛さ

 3話では、ゆり子の働く病院に、翔ちゃんが入院してきます。  その病院に、政治的な問題を起こして、偽装入院をしようとする政治家がやってきます。入院中の翔ちゃんは、政治家が発した「汚職事件」というワードを聞き、自分が失くしてしまった「お食事券」のことだと勘違いします。
 平成も終わりかけているこの2018年において、「お食事券」と「汚職事件」を勘違いしたというネタが成立するというのも驚きですが、これがただの小ネタかと思いきや、なんとこの勘違いネタでラストまで押し切ってしまいます。「お食事券」と「汚職事件」の勘違いで1時間ドラマが作れるというのは、ある意味衝撃的。こういった内容のユルさや、翔ちゃんのクズっぷりを、窪田正孝の魅力が上回るか、というのがこのドラマを楽しめるかどうかの分かれ目となるでしょう。  確かにスエット姿のようなだらしない格好をしてもなお、翔ちゃんには、普通の男には出せない魅力があります。バックハグをしながら、「お小遣いちょうだい」とねだる翔ちゃんを見て、こういうダメ男を飼ってみたいけど現実的にいくら掛かるだろうとお金の計算を始めてしまうような妄想力が持てれば、間違いなく楽しめるでしょう。
 さらに窪田だけでなく、池目医師を演じる勝地涼も見事な演技を披露しています。池目医師は見た目も、社会的地位も、経済力も手にした男でありながら、翔ちゃんに嫉妬し、ジキルハイド風の裏の顔を見せたかと思えば、ゆり子に腕を組まれただけで突然鼻血を出してしまうという妙な憎めなさももっています。
 ドラマのキーパーソンになっていくことは間違いないでしょう。次回は、翔ちゃんが、池目の家に居候するという展開のようで、窪田と勝地の演技の掛け合いにも注目です。  シンプルなシナリオをコミカルにまわす俳優陣に感服しっぱなしの1時間。なにも考えずにただ楽しむ時間を持つにはうってつけのドラマです。 <文/瀧戸詠未>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ