Entertainment

NHK『みんなで筋肉体操』は超シュール。武田真治ほか謎のイケメンが無言で…

 27日(月)からスタートした、NHKの『みんなで筋肉体操』(午後11時50分~、全4回)。放送前から「攻めすぎ」などと話題になっていましたが、オンエア後はさらに波紋を呼んでいるようです。


 筋肉指導は、トレーニングについての著書も多数の近畿大学准教授・谷本道哉氏。実演は、フェミニン系からいつの間にか筋肉質に変身していた俳優・武田真治(45)と、マッチョ弁護士、マッチョ庭師という謎の男性たち。3人の衣装は、タンクトップに短めのスパッツです。

さあ、テレビを見ながら、みんなで筋トレ始めましょう!」と公式サイトに書いてあるくらいなので、女性でもカンタンにできる体操なのかと思いきや……「『みんなで』の“みんな”って、誰ーーー!?」とツッコミたくなるハイレベルさでした。

イケメンの高速腕立て伏せを、見つめることしかできない……


 27日(月)に放送された第1回は「腕立て伏せ」。まずは筋肉指導・谷本氏(超マッチョ)が、ごくスタンダードな王道の腕立て伏せをていねいに解説。その後、実演担当の3人がそれぞれのお立ち台の上で、黙々と腕立て伏せを行います。

 1、2、3、……カウントをしながら計20回。その後はさらに、高速腕立て伏せです。運動の得意な方ならテレビを見ながら一緒に実践できるのでしょう。しかし運動不足な筆者は、様々な角度から画面に映し出される彼らの筋肉(腕・肩・胸)を、ただぼう然と見つめるしかありませんでした。同じNHKの「体操」でありながら、誰でも気軽に取り組める『ラジオ体操』とは非常に対照的です。


 28日(火)に放送された第2回は「腹筋」。腹筋ならなんとか! と思ったのもつかの間、後半の「ノンロック・レッグレイズ」に悶絶。椅子に座った状態で脚をピーンと上げるのですが、実演の3人ですら心なしかキツそうです。あえなく脱落した私は“仕方なく”、3人の筋肉(脚・太腿)をがっつり観察し……気づくと冒頭からもう一度再生していました。恐るべし、筋肉の魔力。

 体操が終わると「筋肉は裏切らない…」のテロップが表示されて、俳優・弁護士・庭師ともに一言もしゃべらないまま番組終了。外見と名前・職業以外の情報ゼロです。気になって仕方ないので、彼らについて調べてみました。

イケメンすぎる、スウェーデン生まれのマッチョ庭師


 体操を実演する金髪の男性は、庭師の村雨辰剛(むらさめ・たつまさ)さん(30)。スウェーデンに生まれた彼ですが、日本の歴史や文化に魅せられ18歳で移住。23歳から庭師の道に入り、26歳の時に帰化して日本人になっています。(2018年4月25日『はたラボ』インタビューより)

 マッチョな姿で庭を整えるその姿は、まるでハリウッド・アクション映画のワンシーンのようです。プロフィールにも「あこがれの筋肉の持ち主は、アーノルド・シュワルツェネッガー」とあり、妙に納得してしまいます。


 彼が筋トレを始めたのは、「か細かった子どもの頃にスーパーヒーローのような格好いい体になりたいと思ったから」なのだそう。強くなっていく自分を見ることが自信につながり、忍耐力も養われると語っています。(NHK『みんなで筋肉体操』出演者情報より)

 スタジオでは「さめちゃん」と呼ばれているという村雨氏。彼のツイッターやインスタグラムには、美しい庭師姿とマッチョなボディが満載です。筋肉好き、イケメン好きな女性は、チェックし始めたら止まらなくなることでしょう。私のように。



次のページ 
筋トレはコスプレ用! 東大卒のマッチョ弁護士

1
2




あなたにおすすめ