Lifestyle

新型iPhoneは女性にとって使いやすい? 価格、バッテリー消費etc.

 ITジャーナリストの久原健司です。

 新型iPhoneが発表されましたね。日本時間の9月13日午前2時に発表で、いつもは22時には就寝する私ですが、一大イベントですので頑張ってLIVEで見ました。

iPhone 今回の発表で私が一番注目したところは、計算能力が上がった反面、消費電力が削減されたところです。

 最近はSNSなどスマホを多用するユーザーが増えているので、スマホ電池の持ちは死活問題です。計算処理能力がパワーアップすることで、スマホの動きが早くなった分、電池の持ちが悪くなる場合が多いのですが、両方ともバランス良く伸ばしてきたのは素晴らしいと感じました。

 しかしその分値段も高く、iPhone XS Maxの512GBだと税別16万4800円。簡単に手が出せる金額ではないですよね。毎年のように新製品を出し、どんどんと値段が上がっていくiPhone、果たして女性目線で購入すべきなのでしょうか? 値段やスペックを元に評価してみました。

女性にとって、新型iPhoneは使いやすい?


 まずは大きさからなのですが、本体サイズと重量は、XS Maxが77.4×157.5×7.7mm(幅×高さ×厚さ)で重さが208g。iPhone 8 Plusが78.1×158.4×7.5mmで重さが202gなので、サイズ感はほぼ8 Plusと同等となっています。重量は若干8 Plusより重くなっているのですが、8 Plusを使っている人は気にするレベルではないでしょう。

 昔はAndroidの方が大きく、iPhoneの方が小ぶりで女性が持ちやすいとイメージされていたかもしれませんが、Androidでもコンパクトサイズのスマホ(Xperia XZ / X Compactなど)がラインナップされている現在、大きさや重さの面でどちらが優れているとは言えませんね。

スマホ

写真はイメージです(以下、同)

 値段に関しては述べた通り、iPhone XS Maxの512GB版が16万4800円(税別)で、iPhoneユーザーも少し躊躇してしまう額となっています。

 では、Androidは安いのかという話になるのですが、ドコモから2018年7月に発売されたハイスペックなスマホ(Xperia XZ2 Premium SO-04K)でも税込み11万円程度なので、価格の差は結構出ています。

 さらには、iPhoneはメーカー純正の機種なのに対して、Androidに関しては様々なメーカーが機種を出すので、ごくまれに電池が急激に減るといった不具合が発生します。iPhoneの方がバッテリー消費の少なさ・安定性に関して優位性があると思います。

 操作性に関しても、Android 5.0以降はiOS 8と遜色がなくなってきていると言われるなか、個人的な意見ですが、操作の手数といった点でも、iPhoneの方が若干優れている気がします。

防水性もAndroidに追いついた!?


 防水機能に関しても、はじめはAndroidの機種が先行していましたが、最新機種のiPhoneは「2mの水深に30分置いても耐えるレベル」とアピールしています。

 ハードウェアに関して、各社が切磋琢磨していますので、人気のある機能はこのように補う様に開発されています。2mの水深でiPhoneを使う状況はめったにないと思いますが、キッチンでレシピを確認したり、水まわりで使用する時でも安心できますね。

キッチン
次のページ 
iPhone以外にも選択肢はある

1
2




あなたにおすすめ