Lifestyle

SNS疲れに効く魔法の言葉「パフェねこ」マンガが大人気

 最近、国内外の芸能人の「SNS疲れ」がときどき話題になります。SNSは便利な反面、他人の言動に振り回されたり、心無い言葉に傷ついてたり、上手く距離感をとらないとしんどくなってしまうこともありますよね。

 そんなSNS疲れをはじめとする人間関係の悩みをTwitter上で描いたマンガ「パフェねこシリーズ」をご存知でしょうか。作者はゲームグラフィックデザイナーのJamさんで、かわいい猫が悩みを回避するコツを解説くれるんです。

 このマンガはTwitterで累計50万以上リツイートされ、書籍『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』(著:Jam、監修:名越康文/サンクチュアリ出版)としても出版されました。その中から、今回は「SNS疲れに効く魔法の呪文」をご紹介します(以下、文とマンガはJamさん)。

モヤモヤを引きずりそうな時に効く呪文
「今ごろ パフェとか食ってる」


多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 人間関係で嫌な思いをして、モヤモヤを引きずることがありました。

 心理学の本で、嫌なことをした相手は何をしたかも覚えてないことが多いから、考えるだけ無駄だと学んだけど、なかなか気持ちを切り替えられるものではなく…。

 そんな時、友人から言われたこのひと言は、妙な説得力がありました。

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」

 その言葉を聞いた時、嫌な相手のためにどんなに真剣になっても、自分が気にした分だけ、相手も真剣に自分のことを気にしてくれるわけじゃないんだと、ハッとしました。

 真剣になるのは、自分にとって本当に大事なことの為だけでいいんです。

 恋するように、寝ても覚めても、嫌な相手のことを考える必要はありません。「今ごろパフェとか食っている」

 なぜか心がスッとする魔法の言葉です。

●今日のまとめ
恋するように 嫌なやつのことを 考えるのやめよう


多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ書籍<文・マンガ/Jam>

女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ記事の感想などをどうぞ♪
同じボタンから他の人のコメントを見ることもできます!
「いいね」ボタンもあるので、ぜひチェック♪




あなたにおすすめ