Lifestyle

「ママ活」で男子高生が補導。ママ活女性に聞いた、年下くんにお金を払う理由

一緒に飲んで仕事の愚痴を聞いてもらう

一緒に飲んで仕事の愚痴を聞いてもらうアヤカさん(仮名・38歳/ラウンジのママ) 「相手は20~25歳の大学生や大学院生、後はお金がない売れないバンドマン。一緒に飲みに行ってご飯をおごって仕事の愚痴を聞いてもらい、タクシー代として3000~5000円ほどお小遣いをあげてます。 女友達と飲むとオシャレな店を予約したりと色々面倒臭いんですが、若い男の子は安いチェーン店でも喜んでくれるので良いですね」  ホストにハマっていたアヤカさんですが、最近のホストは「枕営業」をしないから、どうせ肉体関係がないなら、高いお金を払ってホストに行くよりも素人の男の子と遊ぶ方がいいと思ったそう。 「異性として意識しないほどの年齢差があるからラクなんですよね」とアヤカさん。 ===  目的はさまざまですが、ママ活をする女性たちの中には「罪悪感を持たずに若い男性と遊ぶためにママ活をする」という女性も多いようです。たしかに、10や20も下の男性と飲みに行けば、「こんなオバさんでごめんなさいね」なんて引け目を感じてしまいますよね……(byアラフォー筆者)。お金を払うことで、そういった引け目抜きで若くてかわいい男の子と遊びたい! という女性にとっては、安いホスト感覚の息抜きなのかもしれません。  今回の報道で興味をもった女性の皆さま、今回の男子高校生のように未成年に手を出さないようお気を付けくださいね。 <文/女子SPA!編集部>
女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ