Lifestyle

夫にイラッ…どう伝えればモメない?新たなハラスメントも話題に

 11月22日は「いい夫婦の日」。夫婦ゲンカしないで穏やかに過ごしたい…と思いつつ、実際にはモメ事のタネは尽きませんよね。
 家事分担、方針の違いなどの火種と並んで、「夫のふとした生活習慣が気になってしょうがない」という声もよく聞きます。周囲の20~40代の妻に、「イラッとする夫の習慣」を聞いてみると――。

夫婦ゲンカ・「クサい靴下を、その辺に脱ぎ散らかす」
・「ネットでどんどん買い物して段ボールをたたまない」
・「せっかく作った食事を、スマホを見ながら無言で食べる」
・「いくら言っても、たばこをやめない」
・「『寒い?』などと聞くこともなく、エアコンを勝手に付けたり消したりする」

 う~ん、あるあるですね。こういった細かいことでも、積もり積もると爆発してしまいそう――。

妻たちに聞いた「上手な伝え方のコツ」


 日常の不満は、溜めないことが大切。そこで、結婚をうまくキープできている妻たちに「夫にどう伝えれば、ケンカにならずに伝わりますか?」という体験談を聞いてみました。その中から、「なるほど」というコツをご紹介しましょう。

妻●「~しないで」ではなく「~してくれる?」と言う

「人は禁止されるより、頼まれたほうが素直に聞く…って会社のマネジメント研修で聞いたんです。で、それを夫にも応用しまして(笑)。『出しっぱなしにしないで!』よりも『棚に戻してくれる?』のほうが、確かにすんなりいきますね」(32歳・商社)

●怒りが消えてから口に出す

「イラッとした時にすぐに口に出すと、キーッって強い言葉になっちゃって、夫からもキツイ言葉が返ってくるんです。それで何度も失敗したから、怒りがおさまってからなるべく静かに言うようにしてます」(27歳・派遣)

●「それって大事なこと?」と自分に聞いてみる

「一瞬ムッとしても、『怒るほど大事なことだっけ?』と自分に聞いてみるワザを覚えました。例えば、夫が私の誕生日を忘れてて、飲んで帰ってきたことがあります。ムッとしたけど、ディナーの約束してたわけでもないし、『よく考えたら、どうでもいいことだなぁ』と思えてきて。たま~に『どうでもよくない!』と思った時だけ夫に言うほうが、伝わるみたいです」(36歳・出版)

 さすが、みなさん夫婦間コミュニケーションの知恵を持ってますね!

「いい夫婦」であるためにお互い気をつけてることって?


 日々の小さな衝突を乗り越えて、だんだん熟成してくる夫婦という関係。では、「いい夫婦」であるために、気をつけていることとは? 関係がうまくいっている夫側・妻側にそれぞれ聞きました。

いい夫婦●夫側に聞いた「いい夫婦」でいるコツ

・「『おいしいね』と『ありがとう』を意識して言うようにしてるかな。一緒に暮らすとつい『言わなくてもわかる』と思っちゃうけど、やっぱり言葉に出さないと伝わらないですからね」(29歳・メーカー)

・「妻の機嫌が悪い時は、『肩もんであげようか?』が一番効きますね。『なんで不機嫌なんだよ?』とか聞いても火に油を注ぐことになるんで、まずはスキンシップで場をなごませます。何でも話し合えばいいわけじゃない」(32歳・流通)

・「僕は、妻に『どう思う?』って聞くのを“口癖”にしてます。『〇〇買いたいんだけど、どう思う?』『こんな上司がいるんだけど、どう思う?』とか。あとでモメないし、妻の考えてることもわかりますから」(37歳・IT)

Thank You card ●妻側に聞いた「いい夫婦」でいるコツ

・「とにかく笑顔でいる。これが一番ですね。以前、夫にイラついてた時に鏡を見たら、自分が鬼のような形相でギョッとして…。今は、無理にでも口角を上げて笑顔を作ると、自分も夫も穏やかになると気がつきました」(30歳・アパレル)

・「円満のコツは、頑張りすぎないことかな。たとえば『掃除は毎日しなきゃ』と決めて頑張ると、『なんで夫は散らかすんだ』と腹が立ってきます。でもそれって、自分で理想のお家を決めてツラくなってるだけかも…散らかっててもニコニコしてる家庭のほうがいいかも…と思ったら楽になりました」(28歳・主婦)

・「相手のためになるなら、言いにくいことも言うようにしています。例えば、夫は喫煙者なので、灰が出ない安心性、煙について考える、とか。会社に行くときの身だしなみのこととか…。時にはムッとされるけど、きちんと話せば伝わりますね」(38歳・広告)

勇気を持って「No!けむハラ」


 上記意見としてもあるように、パートナーの喫煙問題はよく耳にします。特に相手のことを考えると早く解決したいカップルも多いのでは。

けむハラ
 たばこを吸う方の煙によるハラスメントに対して勇気をもってNoという意思表示をし、同時に煙のでないたばこへの理解や情報を得ることができるのが、「No!けむハラ」のサイトです。

「No!けむハラ」って何?
詳しくはコチラ>>>

 たばこの問題のほとんどは、たばこを燃やすことによる煙から起きているそう。
 その点、加熱式たばこは「火」を使わず「加熱」するたばこなので、たばこから出るのは煙ではなく「蒸気」なのです。でもその事実や特徴はまだまだ一般的に知られていない可能性があります。

 たばこの煙のない、けむハラのない日々を送ることが、いい夫婦の関係につながるかもしれませんね。

<文/女子SPA!編集部 提供/フィリップ モリス ジャパン>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。




あなたにおすすめ