Entertainment

劇団EXILE同期の町田啓太&鈴木伸之、下積み時代は「週5、6日会ってました」

鈴木が初めて手料理を振舞った相手は町田

『jam』より

『jam』より

――同期のおふたりですが、普段はどんな関係なんですか? 鈴木:ここ数年は引っ越しちゃったので、そこまで会えませんけど、最初の3年くらいはすぐ近所に住んでいて、週5、6日くらい会ってました。特に僕が町田くんの家に入り浸って。町田くんより町田くんの家にいたんじゃないかな町田:それは言いすぎでしょ。でも本当によく会ってたよね。 鈴木:俺の人への手料理を初めて食べたのも町田くんです。 町田:豚の生姜焼きね。帰り道に着信があって、「帰りだけど」って言ったら、「じゃあ、ちょっと寄って飯食って行ってください」って。鍋をやってるとか、現場で何かもらったものでもあるのかなと思って行ったら、「じゃあ、座ってください」って生姜焼きを作り始めて鈴木:タッパに3枚くらい入っていた豚バラのうちの1枚だけ焼いて、たれをかけて、あとはご飯だけ。 町田:それだけ。 ――え!? まあ、確かに豚の生姜焼きではありますね。 鈴木:そう(笑)。食べて行ってくださいよって、それだけ(笑)。 町田:おいしかったですけどね(笑)。ありがたくいただいてすぐに帰りました。でも今の家にはお互いに行ってないね。絶対領域を守ってますよ。
次のページ 
町田はダンディに、鈴木は少年のまま?
1
2
3
Cxense Recommend widget
『jam』は12月1日より全国公開中 配給:LDH PICTURES




あなたにおすすめ