Entertainment
Beauty

北川景子に新垣結衣…女性が“なりたい顔”の盲点を、高須院長が指摘する

「この顔になりたい」願望、2つの盲点


――「この顔になりたい」という希望で、ありがちな要注意ポイントはありますか?

高須「ひとつは、パーツだけマネたい、という希望ね。お金がないから目だけ、この芸能人と同じようにしたい、とか。でも、顔は全体のバランスだから、目だけこの人みたいなのをつけても美人になるわけじゃない、って止めるんだけどね。

 もうひとつは、顔にも各時代の流行があること。いま人気ある人に似せても、将来、古臭い顔になることがあるんです。
 この『なりたい顔』ランキングで選ばれてる人たちだって、今は絶頂だけど、そのうちに見向きもされなくなる可能性だってあるでしょ。そのとき『○○さんそっくり、でも誰それ?』ってなる。

 たとえば、昔は天地真理の顔になりたい人がいっぱいいたんだよ。あと、小柳ルミ子が人気あった頃は、えくぼを作りたい、とかね。いまえくぼを作りたい人は1人もいなくなった」

GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~

「GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~」1971年にデビューして一世を風靡した3人

――引退して消えちゃうこともあるし。

高須「そうそう。いずれ安室奈美恵のことを誰も話さなくなるかもしれないよ。

 一番困るのは…まゆげを刺青(アートメーク)で入れちゃった人は大変だと思いますよ。安室まゆに限らず、流行ってるまゆげをアートメークで入れちゃったら、数年後には時代遅れでどうしょうもない、と」

――まゆげって時代によってすごく変わりますからね。

高須「そう。僕なんか、もう顔の流行りすたりを長年見てきたから、このあとどうなるか予測がつく。涙袋とかアヒル口なんか、そのうち誰もいなくなるかもよ。だって、世の中の流行りはどんどん変わっていくから。
 患者さんはそういうことを知らないで要望するから、止めてあげるドクターがいないといけないんだよね」

===============

 たしかに、オリコンの「なりたい顔ランキング」第1回(2007年)は、10位以内にリア・ディゾンとか蛯原友里とか入ってますから、時代は移りゆくものですね。

<文/女子SPA!編集部>

高須克弥
【プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。近著は『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』、『炎上上等』、続編で最新刊の『大炎上』など
1
2




あなたにおすすめ