Entertainment

お騒がせセレブが代理母で第4子誕生へ。夫から「7人欲しい」プレッシャーも…

 過去に“妊活中”であることを公言し、子作りのために「可能な限り(夫婦生活を)している」「1日500回」と想像を絶する努力の詳細を赤裸々に明かしていたキム・カーダシアン・ウェスト(38)とカニエ・ウェスト(41)夫妻。  そんな夫妻に第4子が誕生するという。だが、それは2人のたゆまぬ“努力”による妊娠ということではないようで…。
キム・カーダシアン・ウェストとカニエ・ウェスト

キム・カーダシアン・ウェスト(右)とカニエ・ウェスト(左)夫妻、第4子誕生へ!

 すでに3人の子供を持つ2人だが、第4子は代理母による出産となる見通しとのこと。代理母による出産は、第3子に続き2度目となる。  関係者はこう話している。 「代理母は順調に妊娠しています。5月に出産予定で、うまくいっています。キムとカニエはとても興奮しています。男の子の胚の受精がうまくいってワクワクしています。キムはずっと4人の子供を欲しがっており、男の子と女の子がそれぞれ2人なら完璧だと思っているようです。最初の時も2人はとても喜んでいましたし、もう1人生まれることにとても感謝しています」  そんなキムとカニエは、第4子誕生に向けて着々と動き出しているという。  別の関係者はE! Newsにこうコメントしている。 「2人は最近、第4子が生まれることを友人たちに報告し始めています。2人は3人の子供の育児で大忙しで、休みの間も何もできませんでした」
「キムはベイビーシャワーをやるつもりのようです。妊娠していないキムにとって、異なった経験になります。しかし幸いなことに以前体験していますし、どうなるのか分かっています。彼女にとって最初の時はポジティブな体験でしたし、今回また行うことについて本当に興奮しているようです」  ただ、前回代理母を務めた女性が自身の子供を妊娠したため、キムとカニエは別の代理母に依頼することに決めたようで、昨年の夏にキムがその女性に会っていたようだ。

代理母出産を決めた理由。夫からのハラスメントも告白

 第2子までは自ら妊娠・出産をしていたキムだが、2度目の出産で致命的な合併症を起こし、それ以降の妊娠・出産にドクターストップがかかったことから、第3子からは代理母出産を選ぶようになったと伝えられている。  何人の子を持つかはそれぞれの夫婦の選択ではあるが、代理母に出産を依頼するほど子どもを望む理由は何なのだろうか?  1つの大きな理由としては、子だくさんを望む夫のカニエが、子供は7人ほしいと願っているからだそうだ。これについてキムは、出演しているリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で友人にこう明かしている。
「カニエはもっと子供がほしいとプレッシャーをかけてくるの。一種のハラスメントよね。それも7人ほしいって。7という数字にこだわっているの」 「でも私としては、これ以上子供を持つなんてありえない。7人なんてなおさら無理。学校で銃撃事件がひんぱんに起こるような世の中よ。子供たちがどうしたら、こんな世界を生き抜くことができるのか考えると、夜も眠れなくなるわ」 「お騒がせセレブ」の代名詞であるキムは、何かと世間から批判されることも多く、つい先日もインスタグラムに投稿した広告で新年早々、炎上したばかり。しかし、子供の行く末について心配し、思い悩むあたり、子育てにおいては普通の母親と変わらないようだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ