News

Amazonの創業者夫妻が離婚で15兆円折半?妻のキャリアもすごかった|世界の富豪妻4選

ジェフ・ベゾス

JR MacGregor「Jeff Bezos: The Force Behind the Brand: Insight and Analysis into the Life and Accomplishments of the Richest Man on the Planet (Billionaire Visionaries)」CAC Publishing

 米アマゾンの創業者でCEO、世界一の資産家ジェフ・ベゾス(55)が離婚を発表。14兆円を超える財産のうち、いくら分与されるかが大きなニュースになっているものの、対する妻マッケンジー(44)が一体どんな人であったのかはあまり報じられていません。  日本のIT長者は剛力彩芽(ZOZOTWON前澤友作)や石原さとみ(SHOWROOM前田裕二)など、美人芸能人をパートナーに選びがちですが、世界的な大富豪となると話は別のよう。頭がずば抜けて切れる女性が多く、それぞれ輝かしいキャリアの持っているようです。

ベゾスの妻はアマゾン創成期支えたウォール街出身の小説家

マッケンジー・ベゾス

マッケンジー・ベゾス(写真:「バイスタンダー・レボリューション」公式サイトより)

 テック系カルチャー誌『ワイアード WIRED』はベゾス夫妻の離婚騒動を受け、「世界的企業の誕生は一人で成し遂げられるものではない。“創業者の妻を含む”チームワークや運が組み合わさって成り立つ」とし、ベゾス夫人のキャリアに改めて注目。そのバックグランドを紹介しています。  同誌によると、マッケンジーは夫と同じ名門プリンストン大学で学び、英文学の学士号を取得。卒業後はニューヨーク・ウォール街の投資会社で勤務した超エリート。  ところが、同じ投資会社で働いていたジェフと知り合って結婚するとあっさりそのキャリアを捨て、一緒にシアトルに移住。アマゾン創業メンバーの一人として尽力したそう。
MacKenzie Bezos (著)「The Testing of Luther Albright」

米国図書賞を受賞した「The Testing of Luther Albright」Harper Perennial

 アマゾンが巨大化すると共に業務からは退き、養子を含む4人の子育てに専念。もともと小説家を目指していたという彼女は、2005年に処女小説を出版すると米国図書賞を受賞。2013年に2作目を出版しています。  さらに2015年にはイジメ撲滅団体「バイスタンダー・レボリューション」を立ち上げるなど、夫とは別に自身のキャリアを着々と築いてきました。

共にハーバード卒!ザッカーバーグの妻は小児科医

 フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ(34)の妻プリシラ・チャン(33)もまた高学歴の持ち主です。  マークとはハーバード大学在学中に行われたパーティで、トイレの列に並んでいる際に知り合ったと『トゥデイ Today』のインタビューで答えています。  出会いから2012年の結婚まで約10年間空いているのはマークの都合というよりも、タイミング的に医師を目指すプリシラが修士号を取得するのを待っていたからと考えた方が良さそう。
 現在、小児科医師、そして慈善事業家として働きながら二人の娘の子育て中。2010年に夫と約129億円をサンフランシスコ・ベイエリアの公立学校に寄付、慈善団体「チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブ」を運営しています。

世界で6番目にリッチな女性、ジョブズ夫人はバリキャリ派

 アップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズの妻だったローレン・パウエル・ジョブズ(55)は、ペンシルベニア大学で政治学と経済学を学び、スタンフォード大学でMBAを取得した才女。  2011年に死去した夫が残した巨額の遺産を相続したことから世界で6番目にリッチな女性と言われていますが、自身も「エマーソンコレクティブ」「カレッジトラック」といった教育関連の慈善団体やスタートアップ企業を運営するやり手として知られています。 『フォーブス Forbes』によると、2017年に米誌『ザ・アトランティック The Atlantic』を買収、また現在はコンコルディアスタジオとパートナーを組み、デイビス・グッゲンハイム監督(『不都合な真実』『わたしはマララ』)と共にドキュメンタリー映画製作にも取り組んでいるそうです。
次のページ 
ビル・ゲイツ夫人ってどんな人?
1
2




あなたにおすすめ