Love

婚活パーティーでカップルになるコツは?年下男性にモテる「奥の手」も

 アラフォー婚活ブロガーのRikakoです。平成中に結婚相手を見つけるためのシリーズ第3弾として、今回は婚活パーティーを取り上げたいと思います。

婚活パーティーは書類選考のない面接一発勝負!


 今まで紹介してきた結婚相談所ネット婚活は、プロフィールという書類選考を経てから、面談に進みます。ルックス、年収、年齢、職業…etc。プロフィールを見て、会いたいかどうかジャッジできるのは、一見合理的に思えるかもしれません。

婚活パーティー

写真はイメージです(以下同じ)

 しかし、私は長年婚活をしてきて、相手の条件やルックスよりも人柄や価値観、フィーリングこそが重要であることに気づきました。自分の理想から外れている人でも、実際に話してみると居心地がよかったり、会話が盛り上がることも多いです。

 また、プロフィールという書類選考のある婚活は、相手からも同様に自分を審査されています。そのため、女性は年齢が上がるにつれ不利になります。

 とにかく条件重視の人は結婚相談所やネット婚活が効率的かもしれませんが、人柄など内面を重視している場合は、最初から出会える婚活パーティーがおすすめです。

カップル成立しやすい婚活パーティーを狙おう!


 婚活パーティーにはいろんな種類がありますが、参加者全員と一対一で会話して、気に入った人に投票するカップリング形式のパーティーが一般的です。ただ、この形式だとカップル成立しないと相手と連絡先交換ができないというデメリットがあります。

 そのため、カップル成立しやすい婚活パーティーに狙いを定めることが重要です。

カップル成立 例えば、私は現在40歳です。

① 25~40歳
② 35~45歳

 参加者の年齢設定が①と②のパーティーでは、どちらがカップル成立しやすいか一目瞭然ですよね。①のパーティーは、女性参加者の中で私は最高齢になるのでとても不利です。パーティーに参加する場合は、自分が最高齢にならない年齢設定のパーティーを選ぶのがコツです。

 また、パーティーの人数もチェックしておくとよいでしょう。例えば男女20人ずつ集まるパーティーと、男女5人ずつのパーティーでは、少人数のほうがマッチング率は高くなります。ただし、人数が少ないとカップルになりたいと思える人がいないケースもあるので、個人的には男女7~8人くらいのパーティーがおすすめです。

次のページ 
20代女子に勝てる「奥の手」とは?

1
2




あなたにおすすめ