Entertainment

オジサマ俳優が5度目の結婚。26歳下の妻は娘と2歳差

 過去に4回の結婚・離婚歴があるイギリス出身のモテ男ショーン・ビーン。「よく死ぬ俳優」として有名なショーンは現在59歳だが、5人目の妻アシュリー・ムーア(33)との間にも子供が欲しいと考えているそうだ。
ショーン・ビーン

ショーン・ビーン

 元妻たちとの間に成人した子供が3人いるショーンだが、さらに子供を持つことに興味があるかについて、イギリスの「ザ・タイムズ紙」にこのように語った。 「できれば、欲しいね。もちろん、アシュリーとの間にね。そうなれば、素晴らしいことだろうね」 「彼女は本当に良い女性なんだ」  ショーンは、アシュリーとの出会いについて、こう明かしている。 「行きつけのパブで出会ったんだ」 「彼女は友達と来ていて、僕も友達と来ていた。偶然の出会いだったよ。僕はあのパブに時々顔を出していたけど、彼女は初めてだった。僕たちは意気投合してね」 「彼女ははつらつとしていて、元気に満ちている。とてもポジティブなエネルギーだ。僕たちは、7年間一緒だよ」

「よく死ぬ」俳優ナンバー1。私生活でも死闘?!

 現在ではアシュリーと幸せな結婚生活を送っているショーンだが、これまで合計4回の結婚・離婚を繰り返している。  ショーンの1度目の結婚は21歳のとき。幼なじみと結ばれたが、7年で結婚生活が破たん。その後、女優のメラニー・ヒルと再婚し、2人の娘を授かるも、結婚から7年で離婚。娘たちは現在31歳と27歳になった。  2度目の離婚直後には、共演女優のアビゲイル・クラッテンデンと再婚、娘を授かったものの、結婚3年で3度目の離婚。それでもまだ懲りず、19歳年下の女優ジョージナ・サトクリフと4度目の結婚をするも、わずか2年で離婚。しかも4人目の妻ジョージナとは、大ゲンカの末に流血騒ぎとなり、結婚が遅れた上に妻から暴力行為で訴えられるなどトラブルが絶えなかった。  そんなショーンもさすがに懲りたのか、4度目の離婚後「自分には結婚は向いていない」とインタビューで語っていたことも。それを変えたのが、5人目の妻となった26歳年下のアシュリーだったようだ。
ショーン・ビーン

ショーンと子供たち。元妻たちとの間に計3人の娘がいる。(C) Featureflash

 年齢と経験を重ねた現在は、結婚生活をうまく過ごす知恵を身に着けたというショーン。 「振り返ってみると、もっと違うやり方があったと思うこともあるよ。今はそうしないだろうなってね」 「でも、僕はもっと若かったし、時代も違う。だから『本当にそうしていたか? 本当に違う風にやっていたかな?』とも思うけどね」  また、一緒に住みやすい男性になったかという質問に対しては「どうだろうな? アシュリーに聞くのが一番いいんだけど、でも、そう思うよ。僕は今の方がゴキゲンだと思うね」と答えた。  これまで、映画やドラマで25回以上にわたり「死ぬ役」を演じてきたショーン。刺殺や溺死といった死に方はもとより、牛の群れと一緒に崖から落ちて死ぬ…といったインパクトある死にざまでファンを魅了してきた。ただ数年前に発表された集計では、映画での死亡回数は他の俳優と比べ1番多いわけではないことが判明。それなのに、米サイトWhatCultureが選ぶ「よく死ぬ映画俳優トップ10」では1位を獲得、いかにショーンの死ぬ演技がバリエーション豊かで、印象的だったかがわかる。  ドラマや映画で衝撃的な死にざまを見せてきてくれたショーン。私生活では、度重なる結婚・離婚と壮絶な生きざまを見せてきてくれたが、この辺でハッピーエンディングとなるか。そして、還暦過ぎて再びパパになる日は来るのか、続報に期待したい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ