Gourmet

二日酔い対策や腸活も「グミ」でする時代。驚きの最新グミトレンド6選

 かわいさ&美容度、増してます。
グミ

グミ

 スーパーやコンビニに行くと、アメやガム以上に売り場スペースを拡大しているのが、「グミ」。市場動向を見てみても、2009年に289億円だったのが昨年には453億円(※富士経済 食品マーケティング便覧より)と急成長をとげており、続々と“魅力的な新商品”が登場しています。では一体、どんなものが人気になっているのでしょうか?
グミ

グミ

 そこで今回は、2019年のグミ最新事情「かわいいグミ・実力派グミ」のトレンドを6つほどご紹介したいと思います。

トレンド①:硬め食感グミ

つぶグミ(春日井製菓)
つぶグミ(春日井製菓)

つぶグミ(春日井製菓)

 まずはじめにご紹介するのは、噛み心地をしっかり楽しめる「硬め系」。ここ数年でかなりのアイテムが登場し、カラフルなフルーツテイストから、やや男性寄りの刺激のある炭酸テイストのものまで多様感が増しています。満足感としてはこのタイプが最も高いかもしれません。

トレンド②:免疫力アップ系&美容系グミ

ピュレサプリ(カンロ) ピュレサプリグミiMUSEプラズマ乳酸菌(カンロ)
ピュレサプリ/ピュレサプリグミiMUSEプラズマ乳酸菌(カンロ)

左:ピュレサプリ(カンロ)
右:ピュレサプリグミiMUSEプラズマ乳酸菌(カンロ)※4月2日発売予定

 続いては、美容・健康目的として活用できる「サプリ系」。中でも注目なのが、ヨーグルトやサプリで話題になっている「プラズマ乳酸菌」入りの新商品。あのキリンがカンロとコラボして作ったものだそうで、グミを食べているだけで乳酸菌パワーをしっかり享受できてしまうんです。美容系のグミですぐに美肌を実現するのは難しいかもしれませんが、中長期的な整腸&免疫力アップなら、毎日のヨーグルトより楽なのかも。ゆるゆる無理なく続けられそうです。

トレンド③:二日酔い対策グミ

ウコングミ(三菱食品)
ウコングミ(三菱食品)

ウコングミ(三菱食品)

 続いては、飲み会などの前に食べておく頼もしい「ウコン」入りのグミ。3粒でウコンドリンク1本相当のクルクミンを摂取することができます。ドリンクを買うより気軽で、カバンやポーチに入れておきやすいのが魅力的です。個包装なので、まわりのメンバーに配るのも喜ばれるかもしれません。
次のページ 
ユニークなものがいっぱい!!
1
2




あなたにおすすめ