Entertainment

多部未華子がリラックマと共演「アラサー女性に刺さる物語です」

 人気キャラクターの“リラックマ”が、荻上直子さん(『かもめ食堂』『めがね』)脚本のもと、ストップモーションアニメ『リラックマとカオルさん』となって、Netflixで全世界独占配信がスタートしました。  本作では、リラックマと同居生活を送るアラサーのOLカオルさんの、働く女性あるあるエピソードが繰り広げられます。カオルさんの声をあてた多部未華子さんに、作品に絡めてお話を伺いました。

女性に刺さる物語

――リラックマのキャラクターはもちろん知っていましたが、もともと着ぐるみで、背中にチャックがあるといった設定は知らなかったので、結構衝撃でした。 多部未華子さん(以下、多部)「私もリラックマの背中にチャックがあることは知りませんでした」 ――子ども向けかと思いきや、結構シュールな感じもあります。 多部「そうですよね。おじさんが入っているというような噂もあるみたいですし(笑)。そう考えるととてもシュールです」 『リラックマとカオルさん』――『リラックマとカオルさん』は、カオルさんが主人公で、特に大人の女性が感情移入できる内容です。 多部「全体的に私と同じぐらいの年齢の女性には刺さる物語だと思います。1話から、会社の同僚に辛辣な言葉をかけられてしまい、グサっとくるのですが、平然を装ってしまうところなど。分かる分かる、と共感する部分が多いですね」

多部さんの恋のアプローチは?

――カオルさんの部屋もステキでしたが、多部さんのお部屋はどんな感じですか? 多部「友人でもあるカメラマンの今城純さんの写真がとても多いです。写真展に行った時に、可愛いからと買った写真のサイズを大きくして部屋に飾ったり、クリスマスツリーの写真を買ってトイレに飾ってなどとやっていたら、どんどん増えてしまいました。ギャラリー状態なので、もう増やせないなと思っています(笑)」 ――占いについてのエピソードも出てきます。多部さんは信じます? 多部「占いは……。ハマる時もあります(笑)。よく当たる人がいると聞いて会いに行ったこともありました」
『リラックマとカオルさん』より

『リラックマとカオルさん』より

――カオルさんが配達のお兄さんを好きになる回もありました。お兄さんに会いたい一心で、通販でたくさん買い物をしてしまうという。ああしたカオルさんのようなアプローチの仕方は共感できますか? 多部「私はカオルさんとは少し違うタイプですね。たとえば妄想ですが、コンビニのお兄さんがとてもカッコよく見えたら、毎日通って顔を覚えてもらうなどではなく、すぐに連絡先を渡してしまうと思います」 ――ええ! そうなんですか。積極的なんですね。 多部「積極的というか、チャンスを逃すまいと思うといいますか。「いつか」って、できないタイプです。いつか話せたら、などはダメですね。ですからカオルさんみたいに対面していたら、好意があるくらいのことを言ってしまうかもしれません(笑)。けれどカオルさんのように、会う口実を作りたくなる気持ちも分かります」
次のページ 
多部さん流、幸せのつかみ方
1
2
『リラックマとカオルさん』は2019年4月19日(金)よりNetflixにて全世界独占配信 13話・各11分/4K対応 オフィシャルサイト




あなたにおすすめ