Entertainment
Lifestyle

磯野貴理子と同じ理由で離婚した女性の声。子について、年下夫の言い分は?

 タレントの磯野貴理子(55歳)が、24歳年下の男性との7年にわたる結婚生活が終わりを告げたことを発表しました。理由は彼が「子どもがほしい」と言っていることだそう。「なぜ今更それを言うの?」と首を傾げた女性も多かったのではないでしょうか。
磯野貴理子(中央)

フジテレビ 「はやく起きた朝は… 」公式サイトより

「結婚する時点でわかっていたことだろうとは思うが、結婚当時、彼女は48歳、夫は24歳。彼の気持ちが変わっていったのか、あるいは子どもをもつことができると思っていたのか……。現実に、同じような思いをした女性が話をしてくれた」と語るのは、男女・夫婦の事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さん。子をめぐる年の差夫婦の胸中をレポートします。(以下、亀山さんの寄稿)

40代なら子どもができると思っていた彼

「私は結婚する時点で、子どもをもつのはほぼ不可能だと思うと言ったんです。彼は『それでもいい。子どもをもたなくても、あなたと一緒にいることで僕は幸せなんだ』と言いきった。だから私も結婚に踏み切りました」  親の看病や介護などが重なってずっと独身だったユウコさん(53歳)が、18歳年下の男性と結婚したのは5年前。彼とはその2年ほど前、SNSの趣味の文学コミュニティで知り合った。お互いに文学好きだったのだ。 「文学好きってあまり多くはないので、オフ会をやったときも7、8人しか集まらなくて。それでもみんな自分の好きな文学を語ったり人の話を聞いたりして、とても楽しかったんです」
年下彼との結婚

写真はイメージです(以下同じ)

 そのころは父を看取り、仕事をしながら持病を抱えた母とふたりで暮らしていた。そんな彼女にとって、彼との出会いは新たなすがすがしい風のようだった。 「何度かオフ会で会っているうちにふたりで会うようになりました。半年ほどたったころ、彼につきあってほしいと言われた。年齢差があるからと最初は断っていたんだけど、どうしてもと言われて……。私自身、彼と一緒にいると楽しかったんです」  そしてふたりの気持ちは結婚へと向かった。彼女は結婚する時点で、子どもをもつ可能性は低いと告げていたが、彼はそれを本当のことだと思っていなかったという。 「結婚してから、40代なら大丈夫なんだよねって。可能性が低いというのを100が80になるくらいのことだと思っていたようです。私にはすでに更年期の症状があったのに」  もっときちんと説明するべきだったのかもしれない。だが、彼は「子どもがいなくてもいい」と言ったのだ。結婚したことのなかったユウコさんはその言葉をありがたく受け止めていた。
次のページ 
「自分は子どものできる身体だ」と言った彼
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ