Entertainment
Lifestyle

白猫ちゃん、謎の二足立ち!SNSで人気の「バズにゃん」たち

子猫のお鼻に黒猫のシルエットが

 世の中には、特徴的な柄を持つ猫がたくさん! そんな中でも一際大きな話題となったのが、トウカイトリックbot(@TOKAITRICK_bot)さんが投稿した子猫の柄。 『バズにゃん』イギーくん/トウカイトリックボットさん1 一見、普通のハチワレさんのように見えますが、お鼻に注目してみると…? 『バズにゃん』イギーくん/トウカイトリックボットさん2 なんと、座っているかのような黒猫のシルエットが!  珍しい猫柄のお鼻を持ったイギーくんは、元野良猫。ある日突然、近所に現れたため、トウカイトリックbot(@TOKAITRICK_bot)さんはマグロのブツ切りを献上し、保護。  当初は里親を探すつもりでしたが、かわいくなってしまい、結局自宅で育てることに。無邪気で甘えん坊なイギーくんはトウカイトリックbot(@TOKAITRICK_bot)さんが離れようとすると、ふくらはぎに噛み付いてくることもあるのだとか。 『バズにゃん』イギーくん/トウカイトリックボットさん3 おうちには先住猫のキャスバルさん(三毛猫)もおり、2匹は適度な距離を保ちながら暮らしています。  なお、家族の一員となったイギーくんは、サムピースタイプの重いドアをジャンプして開けるという賢い特技を習得! お鼻の柄だけでなく、行動もユニークなイギーくんから今後も目が離せません。 『バズにゃん』に登場する69匹は、それぞれの人生(ニャン生)があって、飼い主さんしか知らない秘蔵エピソードもたくさんあるのです。
フォトエッセイ『バズにゃん SNSでみんなを笑顔にした猫69匹の秘密がギュッ!』

フォトエッセイ『バズにゃん SNSでみんなを笑顔にした猫69匹の秘密がギュッ!』(ねこナビ/KADOKAWA)

<文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
古川諭香
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ