Love

愛人と遊ぶ理由は「妻を愛するため」。浮気夫の不思議なマイルール

バレないための「完全浮気ルール」まであった

 奥さんにバレないんですか? と彼に聞いてみたら、「バレたことは一度もない」とキッパリ言い切った。 彼独自の「浮気ルール」 彼なりの独自ルールがあるらしく、「出張中に現地で仕入れる」と、「無償では行わない」を徹底しているらしい。(仕入れるとは失礼な表現だ) 「出張中に現地で仕入れる」というのは、彼が住んでいる東京都内では行わず、出張に出かけた際に「愛人紹介アプリ」で現地調達しているようだ。  愛人紹介アプリでマッチングした女性と、カフェで待ち合わせを行い、その場で値段を提示し、お互いが合意すれば速攻でホテルに行くという。もし彼女が嫌と言えば、タクシー代だけ支払ってその場で別れるようだ。

「お金いらないよ」と言う女性には

 3年ほど関係を続けている女性もいれば、1回限りで終わった女性もいるという。稀に、彼と体を重ねている女性の中で、「お金いらないよ」と言う女性もいたようだが、彼は無償では行わないというルールも徹底している。 「金銭を発生させることによって、浮気というよりただの性欲処理」と彼は話した。愛とか恋とはそういうのはいいから、性欲処理のために女性を抱く。そして身体と引き換えにお金を払う。  彼と対話しながら、ある意味彼の「愛人契約」は、その辺の買い物とかマッサージを受けることとなんら変わりがないように思えた。  そして、ここまで徹底して割り切っているんだと感じた。  つい出来心で体を重ね、泥沼不倫に陥るカップルもいる。そんな事にならないよう、彼自身、たくさん稼いでいるお金の一部を活用しながら自分自身の性欲と奥様への愛情をコントロールしているのかもしれない。 ―シリーズ「恋愛番外地の住人に聞く」― <文/藤しおん> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
藤しおん
18歳の誕生日当日にお水商売デビュー。以降ガールズバー、スナック、キャバクラ、高級クラブなどの夜のお店を転々としていたが、大学卒業とともにお水商売から足を洗う。現在は、会社でOLとして働きながら、人の恋路や人生について相談に乗ったり、観察したりしている26歳♀。twitter:@fujishion
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ