Entertainment

俳優・白石隼也「僕らがやったからこその『東京喰種』を見せたい」

正直、今はすごく揺れている時期

――役者デビューから10年を超えました。変化を感じますか? 白石「変化しかないです。僕にとって役者は、意図せず踏み入れた世界でした。普通に歩いていて横道にすっと入ってみたら、そちらがメインストリートになってきたというか」 白石隼也さん――メインストリートになったのは、自分でそう歩もうとした瞬間があったからですか? 白石「役者の道をと意識したことはなかったのですが、でもどこかのタイミングで、仕事として捉えるようになったのだと思います。以前は、どこか人生経験のひとつとして考えていたものを、自分の仕事なのだからちゃんとやりたいと思いだした。明確なタイミングは分かりませんが、そうした意識の変化はあったと思います」 ――役者としても大人の男としても、こうなっていけたらという思いはありますか? 白石今年29歳になりますし、人生を考えるようになりました。現場でも年下の子が年々増えていきます。そうした環境の変化のなかで、迷いも生じます。周りに合わせていったほうがいいのか、でもそれだと自分らしさがなくなるんじゃないかとか。正直、今はすごく揺れている時期ですね。ただ、何事も、中途半端に臨みたくはないと思っています」 白石隼也さん――30代以降の白石さんも楽しみです。最後に読者にメッセージをお願いします。 白石グロいのが苦手な人でも、今回は恋愛映画として捉えてもらってもいい作品になっています。それに『東京喰種』の原作は、女性ファンが多いんです。ということは、女性に受ける何かがあるはず。なので原作を知らない人にも楽しんでもらえると思います」 (C) 2019「東京喰種【S】」製作委員会 (C) 石田スイ/集英社 <文・写真/望月ふみ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
望月ふみ
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ