Lifestyle

夫婦の愛はなぜ消えるの?仮面夫婦になる真相と、やり直すヒント

喧嘩「夫婦は鏡なので、自分が相手に入り込まないと、相手も入り込んできません。自分が対話をしないと、相手も対話ができないんです。よく問題が起きると『相手の◯◯が悪い』と、外に原因を見出すことが多いですが、実は自分の中に原因の大もとがあります。誰でもマイナス思考や論理の飛躍などの「認知のゆがみ」や思考の癖をもっています。それを、物事の見方や行動を変え、気分や感情を変える「リフレーミング」という方法で視点を意識して変えてみると、関係性はグンと楽になります」 === ●認知の歪み (誇張的で非合理的な思考パターン) ①白黒・二分割思考(all or nothing) ②過渡の一般化(不十分な根拠での結論づけ) ③心のフィルター(悪い部分のみに目が向く) ④マイナス思考(悲観的、ネガティブへのすり替え) ⑤論理の飛躍(心の読みすぎ・先読みの誤り) ⑥拡大解釈・過小評価(失敗短所は大、成功長所は低) ⑦感情の理由づけ(結論の根拠が感情のみ) ⑧義務的・強制的(道徳的、~すべき、~でなければ) ⑨レッテル貼り(誤ったラベリング、人物像の固定) ⑩個人化(偶発的なものへの自己責任化、自己関連付け) ●リフレーミング(家族療法) ①状況(環境)を変えてみる ②意味や表現(言葉)を変えてみる ③考え方(癖)を変えてみる ④行動(習慣)を変えてみる ⑤視点を変え違う面を発見しようと意識してみる ⑥新しい可能性を探そうと意識してみる ⑦失敗のパターン→方法を変えてみる ⑧一日を振り返り、自分を認め人に感謝する ===  相手が悪いことをしたから、自分の心がザワつくのではない。自分の心の中に引っかかる原因があるから、相手の行動や言動が目につく。この構図の違いに気づけている人はとても少ない気がします。  ただ、そういった気づきを得るチャンスがあるのが、夫婦というパートナーシップなわけで、この関係をチャンスにするのか地獄にするのかは、全て自分次第なのかもしれません。 「夫婦は色々起きるし、ステージが進化していくから面白いんです。ただ毎日顔を合わせる生活が万人に合うとは思いません。  だからこそ、独身の人は、自分に結婚が合っているのかをよく考え、結婚した人は、自分たちに合った生活の仕方を定期的に話し合い、“暮らし方の実験”をしてみることをオススメします。例えば、幸せな家族は、常識にとらわれず、別居婚やシェアハウスでの子育てなど、自由にチャレンジしています」
次のページ 
倦怠期は「何に飽きているのか」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ